ロレックスの時計はなぜ高いのか?

高級時計ブランドといえば、ロレックスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。社会人の中ではロレックスを持つことが一つのステータスだと考える人もいるほど、ロレックスは時計ブランドとしての価値が高いことで知られています。

しかし、そのブランド価値の高さと比例して、値段が高いのも事実。なぜ、ロレックスは高いのでしょうか? その理由につい今回はてご紹介します。

 

ロレックスの歴史

ロレックスの始まりは、1905年、ハンス・ウィルスドルフがロンドンに「ウィルスドルフ&デイビス社」という時計会社を設立したことにさかのぼります。

当時は懐中時計が主流で腕時計の性能はあまりいいものではありませんでしたが、彼は腕時計の魅力に目をつけ、1907年に事務所をスイスに移転。腕時計の製造を、本格的に開始しました。

そして翌年誕生したのが、自社ブランド「ロレックス」です。

1919年には、本社を時計産業の中心地として栄えるジュネーブに移転し、以後ジュネーブを本拠地として現在に至ります。

1926年、防水性と防塵性を備えた世界初の腕時計「オイスター」を開発。1931年には、腕時計の自動巻きの原点となった「パーペチュアル機構」を開発。そして1945年に小窓に日付が自動的に現れる「デイトジャスト」を発表し、この3つはロレックスの3大発明ともいわれています。

1950年初頭には、時計としての本来の機能以上のものを備えたプロフェッショナルウォッチを開発しました。

ロレックスは、会社設立当時から時計業界において革新的な功績を残してきたからこそ、時計ブランドとして確固たる地位を築いていったのです。

 

ロレックスの品質

スイスでは時計産業の分業が進んでいるため、他の業者のムーヴメントを使用するのが一般的でしたが、ロレックスだけは自社でムーヴメントの開発から製造までを手掛けています。さらにはそのムーヴメントが非常に高品質であることが認知され、ロレックスの時計が高性能であることをさらに世に知らしめました。

強度で見ても、ロレックスは優れています。ロレックスの時計にはスーパーステンレスといわれる904Lステンレスが採用されています。904Lステンレスは強度が非常に高く、高級時計と呼ばれる時計にも使用されている316Lの倍以上。これを採用しているのは、ロレックスだけなのです。

針やインデックスにも腐食に強いゴールドを使用。細部の仕様も次々と進化し、非常に細やかな技術力が行き届いています。

 

 

ロレックスのブランド

ロレックスが行ってきた広報活動も、ロレックスブランドを語る上では外せません。

最も有名なのが、ドーバー海峡横断でしょう。

 

当時、腕時計にとって水は最大の弱点といわれていましたが、その弱点を一蹴したのが、ロレックスの防水時計「オイスター」でした。開発当初はそれほど話題にならなかったのですが、発売翌年の1927年に、ロレックスとのコラボ企画としてイギリス人のスイマーであるメルセデス・グライツがオイスターをはめてドーバー海峡を泳いで渡ったのです。

 

15時間15分という長時間を泳いで渡り、誰しもが、時計が正しく機能するのは無理だと考えましたが、なんと時計は全く狂うことなく時を刻んでいました。この出来事はビッグニュースとして世界を駆け巡ったのです。

 

ロレックスの品質の高さと、その画期的な宣伝方法などを経て、ロレックスは世界中のセレブに愛用されるようになり、その価値は今も衰えることを知りません。

 

その長い歴史や品質の高さから、ロレックスは時計ブランドとしての揺るぎない地位を築いてきました。ロレックスの値段の高さも、ロレックスという品質の高さに裏打ちされた一つのステータスだといえるでしょう。

カルティエ腕時計の主な種類

男女ともに人気の高いブランド、カルティエ。
バッグや財布などが有名ですが、その洗練されたデザインが魅力で、腕時計にも根強いファンが多くいます。その主な種類をご紹介します。

サントス (Santos)

正方形型のフェイスを持つモデル。
スタンダードなデザインのため、男女問わず人気の定番品です。
1904年、ブラジル人飛行士のアルベルト・サントス・デュモンがカルティエに依頼して誕生し、その名前からサントスと呼ばれました。当時は軍用や宝飾用しか腕時計がなかった時代なので、サントスは「実用品の腕時計としては初の商品」と言われています。

 

トノー (Tonneau)

楕円形の曲線ケースが特徴的なモデル。ダイヤをあしらったものもあります。
男性向けのイメージですが、カルティエはサイズ展開も豊富なため、レディースのモデルもあります。
1906年に発表され、初の量産型腕時計として脚光を浴びました。そのシャープなデザインから、現在でも好むファンは多いようです。

 

タンク (Tank)

縦長の長方形フェイスのモデル。
スマートなデザインのため、女性の圧倒的な支持を誇ります。
1917年、戦車が通った後のキャタピラの轍 (わだち) を見て思いついたデザインだそうです。それをスマートなデザインに仕立てる感性こそが、カルティエらしさと言われる名品です。

 

パシャ (Pasha)

丸型フェイスに、特徴的な留め具つきリューズのモデル。
男性の支持が高く、現在でも人気が高いカルティエ腕時計の代表格です。
発端は1930年、モロッコの中央都市、マラケシュの「太守 (パシャ) 」であったエル・ジャヴィ公がカルティエに依頼した自分用のモデル。その後一般発売に向けて再設計され、1985年に正式に登場しました。

 

パンテール (Panther)

金色や銀色、あるいはそのコンビ色を基調とした豪奢なデザイン・モデル。
ダイヤが散りばめられている、さらに豪華なモデルも多く存在します。
パンテールとはカルティエがブランドイメージとして大事にするモチーフ、「豹(ひょう)」を意味します。横から見たフォルムが座った豹のようにしなやかで、女性的なイメージを強く放っています。
これらのモデルはケース部分に18金 (YG, WG, PG) を用いるものも多く、カルティエの腕時計を代表するものばかり。
そのシリーズ名を踏襲し、新たにデザインされたモデルが数多く発表されてきました。
たとえば男性的なパシャも、女性向けにデザインした「ミス・パシャ」というモデルが出ています。
「サントス・ガルベ」「タンク・フランセーズ」「パシャC」などのように、ケースがステンレス製のものも発売されています。高級ブランドのカルティエながら、素材を変えて一般層へもアプローチを拡大をしていることがわかります。
そうした動きの中、銀製 (シルバー) ケースの「マスト (Must) 」シリーズもクラシカルなデザインがファンからの好評を得ました。
ほかにも、ダリの絵画のように、ぐにゃりと曲がった独特のフェイスの「クラッシュ (Crash) 」など、多くのシリーズがあります。

 

伝統が残るのには、必ずそれなりの理由がある。
カルティエの腕時計に共通するのは「洗練された、ネオ・クラシカルなデザイン」。それこそが、カルティエ最大の魅力かもしれません。
これらの腕時計は素材やデザインを変えながら、現在でもその名を残す伝統的なラインナップと言えるでしょう。

ルイ・ヴィトンのバッグの主な種類

世界の一流ブランドの一つ、ルイ・ヴィトン。革小物や時計、ジュエリーなど様々なアイテムが発信されていますが、中でもバッグに注目している方は多いのではないでしょうか。

ルイ・ヴィトンのバッグを選ぶ前に、どんな種類があるかを知っておきましょう。

ダミエ・ラインの特徴

ルイ・ヴィトンのダミエ・ラインは、元々1888年に誕生したものです。

簡単な模様であるためコピーされることが多く、一次は販売ラインから外されていましたが、その100年以上後に限定版として復刻してから、定番ラインとなりました。

ダミエは、チェック柄や市松模様に近い、深みのあるブラウン柄が特徴です。ヴィトンを知らない方でも、一度は見たことがあるといわれるほど世界的に人気を博しています。定番のブラウンは「ダミエカラー」、黒×グレー系は「ダミエグラフィット」、白×青系は「ダミエアズール」と呼ばれます。グラフィットは男性人気が高く、アズールは女性人気が高いといわれています。

長年受け継がれてきたノウハウにより、キャンバス表面のプリントやコーティングの卓越した職人技が見られます。軽くて丈夫なのが特徴で、旅行バッグや、ハンドバッグなど、様々なアイテムが揃っています。

 

モノグラム・ラインの特徴

ルイ・ヴィトンでもお馴染みのラインが、モノグラム・ラインです。

モノグラムとはいくつかの文字を組み合わせた記号のことで、ルイ・ヴィトンのモノグラムは、創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせてデザインされたものです。

ベージュのモノグラムが施されているダークブラウンのキャンバスは、定番中の定番。デニム地にモノグラムがプリントされた「モノグラム・デニム」や、モノグラムがカラフルな「モノグラムマルチカラー」などもあります。

 

ヴェルニ・ラインの特徴

ヴェルニは、1998年にマーク・ジェイコブスが自身のデビューコレクションショーのためにデザインし、誕生しました。

「ヴェルニ」とは、フランス語で「エナメル」をさし、素材がエナメルなのが特徴です。模様はモノグラムと同じため、「モノグラム・ヴェルニ」とも呼ばれます。エナメル加工が施されたカーフスキンはツヤツヤと輝き、高級感と優雅さを感じさせてくれます。フェミニンで鮮やかなカラーバリエーションが特徴です。

 

エピ・ラインの特徴

エピ・ラインは、1920年代に創業者が使用していたグレインをヒントに、1985年に誕生しました。「エピ」とは、フランス語で「麦の穂」を意味します。独特な型押しが、麦の穂が風に揺れる様子に見えるため名づけられました。

エピ・レザーは厚手のカーフをクロム塩と植物タンニンでなめしたもの。特殊加工で奥深くまで染色しているため、深みのある色彩を楽しめ、光の当たり方で光沢が変化します。

耐久性と耐水性も抜群。落ち着いたカラーが多いので、フォーマルなシーンにも活躍してくれます。

ルイ・ヴィトンのラインは上記以外にも、最近ではアンプラントやモノグラム・リバース、モノグラム・エクリプスなども人気です。フォーマルにも日常使いでも多様な使い方ができるルイ・ヴィトンですから、自分の生活スタイルに合ったラインを見つけましょう。

エルメスバッグの主な種類

フランス生まれの有名なブランドの一つ、エルメス。エルメスには衣料品や時計など様々なアイテムがありますが、バッグは特に人気の高いアイテムです。エルメスバッグには、「バーキン」「ケリー」「ボリード」など高い人気を誇るシリーズがあります。今回は、それぞれの魅力をご紹介します。

 

バーキンの種類と特徴

エルメスの代表作といえば、「バーキン」です。

バーキンという名前は、イギリスの女優「ジェーン・バーキン」から命名されたもの。これは、当時のエルメスの社長が、飛行機で彼女と隣り合わせになり、物で溢れていた彼女のバッグを見てたくさん物が入るバッグを作ろうとしたことがきっかけでした。

バーキンのバッグは、スリムに見えてたっぷり入れられることが特徴です。バッグの中に作られたポケットも機能性に優れており、どんな方にとっても使いやすいバッグとなっています。サイズは25~45まで幅広く用意されていて、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

一番小さな25は、横幅25cm、高さ20cmという大きさですので、普段使いとしても便利ですし、パーティーでも活躍するはずでしょう。最も人気があるのは、バーキン35。横幅35cm、高さ25cmで、スリムながら収納力抜群で、あらゆるシーンで活躍してくれます。

 

ケリーの種類と特徴

バーキンと並ぶ程の人気を誇るのが、エルメスの「ケリー」。

※画像はケリードール

元々は「サック・ア・クロア」という名が付けられていましたが、モナコ王妃であるケリー皇女がこのバッグを愛用し、妊娠中のお腹をパパラッチに撮られないようこのバッグで隠していたことが話題となり、「ケリー」と改名されました。鍵のついた台形の美しいフォルムは昔から変わらず、現在ではハンドバッグの基本形として知られています。

同じケリーの中にも、生地を中に織り込む「内縫い」と、縫い目を外側に見せる「外縫い」が存在します。それぞれふんわりとしたフォルムとすっきりとしたフォルムとなっており、同じケリーでも二つの顔を持っているといえるでしょう。

 

ボリードの種類と特徴

エルメスバッグ中でも、古くから愛されているのが、「ボリード」です。

ボリードは、世界で初めてファスナーを取り入れたバッグとして1923年に誕生しました。当時はヨーロッパにファスナーは存在せず、アメリカで発明されたばかりでした。当時の社長がその機能性に注目し、すぐにバッグに取り入れることを考案して作られたのです。ファスナーを取り入れたバッグとしてすぐにボリードは注目され、現代に至るまで好評を得ています。

高級車にちなんで「ブガッティ」と名付けられましたが、後にレーシングカーを意味する「ボリード」に改名されました。ボリードの魅力は、シンプルなファスナー使いと、ゆったりとしたスマートなフォルムです。機能性に優れデザインもシンプルなため、大きさによって使い方に幅が出るのが、ボリードの大きな特徴でもあります。一番小さなボリード15は普段使いとしても、小物入れとしても使用でき、一番大きなボリード47は旅行バッグとしても活躍してくれるでしょう。

エルメスのバッグは、一生物として使えるような普遍的で魅力的物がたくさんあります。上記の人気シリーズのほかにもたくさんの種類がありますので、自分のスタイルにあった物を選びましょう。

エルメスのレザーアイテムは、素材がデリケートなものもあります。また、日本は湿気が多いのでカビなども発生しやすいです。お手入れをしっかりして保管は注意が必要です。不要になったら高価買取店を探してできるだけ早く売却することをオススメ致します。

ロレックス エクスプローラーⅡ Ref.216570


ロレックスって何がそんなに凄いのか? 時計趣味を始めたばかりの方に、よく聞かれることがあります。時計趣味にはそれぞれ好みがあって、アンティークのほうが好きという人も少なからずいるでしょう。そうした人たちはアンティークの何が好きなのか? それはだいたい1960年代までをピークとしていた、昔ながらの時計作りの”お作法”が好きなのでしょう。1970年代にクォーツ技術が一気に浸透し、なおかつスイスフランが高騰するなどして、スイス時計産業に”冬の時代”がやってきて、大多数のメーカーはそこで系譜を途切れさせてしまうのですが、もし歴史が継続していたら…… と考えると、きっとロレックスのようなプロダクトが、現在も多く生産されていたのではないでしょうか? ロレックスとジャガー・ルクルトに限って言えば、現行、アンティークという区別なく、最新鋭機が最高のモデルなのだと思います。

 


エクスプローラーⅡらしさが凝縮された第2時刻帯表示用の副時針(GMT針)。
2011年に発表された新型エクスプローラーⅡでは、ファーストモデルと同デザインが復活した。写真/左:Ref.216570 右:Ref.1655

ところでロレックスというブランドは、実を言うと時計愛好家にとってはある意味で”鬼門”なんですね。時計趣味を始めて、時計のことが少しずつ分かってきて、ロレックスまで到達すると、そこで一段落しちゃう。もちろんその上には、限りない趣味の世界が拡がっているんですけど、ここまできちゃうとその差がどんどん分かりにくくなる。それほど現行のロレックスは、完成されているのです。

 

ファーストモデルが発表された1971年頃は、風防にプレキシガラス(硬質プラスティック)を用いられていた。カレンダー表示を拡大するサイクロプスレンズが用いられているため、いわゆるドームガラスではないが、それでもかなりの厚みがある。

 

現行モデルではサファイアガラスとなって、厚みもスッキリしているが、防水性は大きく向上している。どちらのタイプもサイクロプスレンズは別体で、風防に接着されている。

写真/上:Ref.1655 下:Ref.216570

エクスプローラーⅡの最新モデル「Ref.216570」(2011年発表)と、初代モデルの「Ref.1655」(1971年発表)を比べてみても、基本的なコンセプトを変えないで、進化を重ねていることが分かります。実を言えばこの最新モデルは、誕生40周年にあわせて製作されたので、GMT針のデザインを意図的にファーストモデルに似せてあるのですが……。見るべきポイントは「基本構成は何も変えずに、全面的に改良されている」という点でしょう。基本的にこの2機は”同じモデル”であって、その違いは40年分のアップデートに過ぎないのです。新型ではケースの直径が42㎜に拡大されていますが、デザインも大きく変わりません。これは文字盤も同様です。実は時計のデザインで「ただ大きくする」というのは、最も難しい作業なのです。細部の煮詰めをキチッと行わない限り、ただ単に間延びしたデザインになってしまうからです。

新型エクスプローラーで注目すべきディテールは、見返し(文字盤とベゼルの間に挟むリング状のパーツ)と、文字盤の処理です。文字盤の印字が極めてシャープになっているだけでなく、地のブラックも、ほんの少しだけ梨地になるように調整されています。前作のRef.16570までは、黒文字盤をポリッシュで仕上げていたのですが、大径化にあわせてややツヤを落としたことが分かります。「ROLEX」の文字が刻まれた見返しにも、サテン状のストライプが刻まれ、乱反射を抑えています。これは視認性向上のための手段でもあるのですが、これらがすべてピッカピカのポリッシュ仕上げだったとしたら、これほど落ち着いた高級感を出せるでしょうか? 手間暇かけて磨き上げても、それが却って安っぽさに繋がってしまうことも多いのです。このあたりは国産メーカーが最も苦手とする分野ですね。手法としては正しくても、トータルで高級感を生むかどうかは別の問題。あくまで高級”感”なので、高級仕上げを施すことと、そう感じさせることは別なわけです。最近のロレックスは、このあたりが非常に巧い!

もうひとつ、最近のロレックスが高級感を大きく増した理由はブレスレットにあるようです。近年までのロレックスは、3連ブレスのセンターピースが中空構造でした。これは前作のRef.16570でも同様です。このタイプは、新品時にはよいのですが、次第にブレスレットが緩んでくる。正確に言えばブレスレットの緩み幅が大きい。すると次第に剛性感がなくなって、とたんに高級感を失ってしまうのです。1970年代は”巻きブレス”が主流で、アンティークではこれが”味”なのですが、現行モデルはカッチリとしていて欲しいもの。現行ロレックスで、この点が改善されたことで、もう文句の付けようがなくなってしまった。もちろんムーブメントスペックは年々改良されていて、最新鋭のエクスプローラーⅡでは自社製ヒゲゼンマイの「パラフレックス」と、独自の耐震装置「パラショック」をダブルで装備。ベースは自動巻きの名機と名高い3100番台キャリバーなのですから、実用機としては最高水準にあるといえるでしょう。

たぶん最新鋭のロレックスを手にしたら、時計に詳しい人ほど「これでいいや」と思ってしまうでしょう。この完成度の高さは、他の時計への興味を失わせてしまう麻薬のようなものです。だから私は、絶対にロレックスを買いません(笑)