宝石によって異なるジュエリーのお手入れ方法

お持ちのジュエリーは、定期的にお手入れをしているでしょうか? お手入れをすることで、より美しい輝きを持続させることができますので、ときどきお手入れをしてあげることをおすすめします。

しかし、ジュエリーによってお手入れ方法が異なりますので、注意しましょう。こちらでは、ダイヤモンド、真珠、その他の色石に分けてお手入れ方法をご紹介します。

 

ダイヤモンドのお手入れ方法

ダイヤモンドは、世界一硬いといわれ

ているジュエリーです。ひっかき傷はつかないといわれていますが、油がつきやすい性質を持っています。ダイヤモンドの輝きをより引き出せるよう、汚れを綺麗にしましょう。

お手入れを始める前に、まずは爪がしっかり固定されているかを確認します。つまようじなどでつついてガタガタする場合は、ご自分でのお手入れは危険。お手入れ中にダイヤモンドが外れてしまう可能性があるので、ジュエリーショップで修理を依頼しましょう。

お手入れの基本は、使用したらその都度拭ってあげること。眼鏡拭きなどの柔らかい布で、優しく表面を乾拭きします。

さらに美しくお手入れしたいという場合は、歯ブラシを使うといいでしょう。歯ブラシで優しくブラッシングし、特に爪と石の間などは汚れがたまりやすいので丁寧に磨いていきます。これでも汚れが落ちない場合は、中性洗剤を2滴ほど垂らしてから歯ブラシで磨きましょう。

磨いた後は、ぬるま湯でよくすすぎます。洗剤が残らないよう、念入りにすすいでください。

 

真珠のお手入れ方法

真珠はダイヤモンドとは違い、硬いジュエリーではありません。何よりも保管状態が重要といえます。ほかのジュエリーとぶつからないように分けて、湿度が一定に保たれるタンスの中などで保管しましょう。

真珠は炭酸カルシウムで、化粧品や皮脂などの油が付着したまま放置していると、表面の炭酸カルシウムが溶けてしまう恐れがあります。真珠もダイヤモンド同様、使用したら拭いてから保管することが基本。柔らかい布で、汚れや油を拭ってから保管しましょう。

真珠は水洗いをしてはいけない、という説もありますがこちらは賛否両論。乾拭きで落ちない汚れがある場合は、そのままにしておくより中性洗剤を使用して汚れを落とした方がいいでしょう。ただし、つけ置き洗いは絶対にしないようにしましょう。

 

ほかの色石のお手入れ方法

ジュエリーは、一度身に着けたら拭ってから保管することが大切です。柔らかい布や、ジュエリー専用のクロスなどで丁寧に乾拭きをしましょう。

もっと本格的にお手入れをしたいという場合は、超音波洗浄もおすすめです。ブラシなどで落としにくい汚れも、超音波で振動を与えることで浮き上がらせ、除去します。ただし、超音波洗浄に向かないジュエリーもあるので、事前に購入先に確かめて行いましょう。

特に、トルコ石、さんご、オパール、琥珀などは比較的硬度が低く、ほかのジュエリーよりも傷がつきやすいといえます。丁寧に優しく乾拭きをして、ほかのジュエリーとぶつかることのないよう分けて保管しましょう。

お手入れは美しい輝きを保つためには大変重要ですが、まずはご自分のジュエリーの種類を確かめることが大切です。種類を知り、正しいお手入れを心掛けましょう。

腕時計のお手入れ方法

日々、身に着けている腕時計。ほぼ毎日使用している方が多いでしょうから、汚れや汗などが知らず知らずのうちに付着しています。
そのまま放置してしまうと付着した細菌が繁殖し、サビやカビを発生させてしまう可能性があります。そこまでいってしまうと時計屋さんの修理扱いになってしまったり、動作上の問題を起こしてしまうこともあります。

毎日おこなうのは大変ですから、1週間や1か月など期間を決めて定期的にメンテナンスしましょう。そうすれば、ある程度クリーンな状態を保てます。
今回は、その方法を場所や材質ごとにご紹介します。

【風防ガラス】

・多くの汚れは軽いもの。「ファイバークロス(めがね拭き)」で拭きましょう。風防は平面あるいは角度をつけたガラスですから、メガネと同じ要領で汚れが落とせます。
クロスは量販店やコンビニでも売っていますし、小型の物はメガネ屋さんでお願いすればもらえます。
・強い汚れは「除菌シート」で拭き落としましょう。その後、必ず乾拭きを忘れてはいけませんが、ティッシュで叩いて水分を吸いこむように、やわらかく拭くことがポイント。強く拭くとメガネと同様、こまかい走りキズがついてしまいます。
【ケースのすきま、ステンレスのベルト】

・まずは「除菌シート」で拭いて、大きな汚れを取りましょう。
・段になっている部分や、すきまは「綿棒」で汚れをかき出しましょう。先が細い「ベビー用綿棒」があれば、なおさらオススメです。
・コマのすきまなど、狭い部分は「爪楊枝」を使いましょう。ティッシュで先端を覆って汚れをかき出すと、そのままティッシュに汚れを落とすこともできます。やわらかい素材の「歯間ブラシ」を使う方法もあります。
・一気に汚れを落とすには「腕時計専用のブラシ」を使う方法もありますが、なければ「やわらかい素材の歯ブラシ」でも代用できます。しかしキズ防止のため、材質に注意が必要です。
・もしもご自宅に「超音波洗浄機」があれば、ベルトを外してしばらく洗浄するだけなので簡単です。ただし、別途、ベルトをケース部分から外すための工具が必要になります。

またムーヴメントを含んだケース部分ごと洗浄してしまうと、かなりの防水機能の時計でもない限り、内部に浸水して壊れてしまうので、丸ごと洗浄は絶対にやってはいけません。
・ステンレスの性質上、すきまを入念に乾拭きしなくてもサビはあまり発生しないと思います。しかしバックル金具にはコーティングをしているものも多く、また可動する部分なので、しっかり拭かないとサビる可能性があります。

 

【レザーのベルト】

・素材がレザーのベルト清掃の要領は、靴やバッグと同じです。汗や体臭が沁みて劣化していき、切れてしまうことがあるのも同じです。
・靴やバッグと同じく目立つ汚れを「革クリーナー」で落としましょう。その後「革クリーム」で油分補給します。
・レザーは乾燥してしまうと硬くなり、ヒビ割れや破損の原因になるので、ステンレス以上に取り扱いに注意が必要です。
【シリコンやラバー素材のベルト】

・最もお手入れが簡単です。「除菌シート」で拭き、段やすきまの汚れを「綿棒」「爪楊枝」でかき出しましょう。
・ただし、爪楊枝は先端で素材を傷つけてしまうことがあるので、ティッシュをかぶせて力を入れずに掃除しましょう。
・それでも、素材の性質上の問題で、付着したにおいが取れないことも多くあります。洗剤や重層などを使用する方法もあるようですが、素材を傷める可能性があるため、あまりおすすめできません。
【ムーヴメント】

・腕時計の中は、個人でのメンテナンスが難しい部分です。知識がない状態で手を出すとムーヴメントが正常に動かなくなり、破損や故障につながります。原則的に、専門店へ預けましょう。
・クォーツ式の時計は「電池交換」が必須。ボタン電池は1年~2年ほどで切れてしまいますが、そのまま放置すると電池が液漏れを起こし、ムーヴメントが破損してしまう可能性が高いです。
動かなくなったら早めに電池交換しましょう。ご自身でできる方もいらっしゃると思いますが、ホームセンターのカウンターなどで預けても比較的安価で交換できます。
・ソーラー充電式の時計は、日々の生活光だけではなく定期的に日光できちんと充電してあげると、動かなくなるぐらい放置してしまうよりも長く使えます。
電池が切れた場合、専用の蓄電池を使用しているため、一般の方では電池交換が難しいかもしれません。またホームセンターなどでは受け付けてもらえない可能性もあります。「時計専門店での電池交換」を依頼しましょう。
・オートマティック(自動巻き)や手巻きの時計は、非常に精巧な内部パーツをひとつひとつキレイにする必要があるので、一般の方ではほぼメンテナンス不可能です。

高値になってしまいますが、定期的に「専門店でのオーバーホール」を依頼しましょう。

 

腕時計も、ファッション感覚になってきている時代。
衣服のように続けて買い替える方も増えていますが、せっかく選んで購入したもの。愛着をもって使い続けてあげませんか?
手をかけないと壊れてしまうのは、モノもヒトも同じですね。

革財布を長持ちさせるためのお手入れ方法

「一生もの」とも言われる、革製品。使えば使うほど味の出る革製品は、何年も愛用する人が多いアイテムです。しかし、ダメージや汚れを避けて長年愛用するためには、日ごろからのお手入れが重要。こちらでは、革製品のお手入れ方法についてまとめています。

 

 

革の日々のお手入れ方法

革のバッグや財布など、革製品は簡単なお手入れを毎日行うことが理想です。

毎日行うお手入れとしては、柔らかい布で汚れや水分をふき取るだけで十分でしょう。乾拭きで、できるだけやさしく拭くようにします。強く拭いてしまうと汚れを内部に押し込んでしまったり、革の種類によっては色が濃くなってしまったりするので注意が必要です。

革はとても繊細なため、汚れが表面から内部に浸透しやすく、一度内部まで浸透してしまったらどんなに拭いてもなかなか落とすことができません。手遅れになる前に、簡単に拭ってあげましょう。

特に、革製品は水分や湿気を嫌うため、水分は早め早めに除去することが大切です。

毎日帰宅したら、さっと拭いてあげます。これだけで大分ダメージの蓄積が異なります。

 

革の特別なお手入れ方法

もしも革製品が汚れてしまったら、汚れが浸透してしまわないうちに柔らかい布で拭いましょう。少しの汚れなら、水を含ませた布で拭うだけで落とすことができるでしょう。拭った後は、直射日光の当たらない場所で陰干しし、しっかりと乾かすことが大切です。

もっと頑固な汚れには、革専用のクリーナーを使用しましょう。クリーナーには、消しゴムタイプや、チューブタイプ、スプレータイプのものなどがあります。革によって適切なクリーナーが異なりますので、必ず注意書きを読んでから使用するようにしましょう。

また、定期的に防水スプレーを吹きかけたり、保護クリームでお手入れをしたりすると、水分や汚れから革製品を守ることができます。

 

革のお手入れの注意点

日ごろからのお手入れは大切ですが、間違ったお手入れを続けていると、革製品に深刻なダメージが蓄積され変色や傷の原因となります。革製品を手入れする際には、このようなことに気を付けましょう。

 

・使ってはいけないもの

革製品に使用すると革が柔らかくなる、光沢がでる、と一部で言われているお手入れアイテムの中には、反対に革にダメージを与えてしまうものがあります。

例えば、オリーブオイル。革が柔らかくなるとオリーブオイルを推奨しているサイトもあるようですが、オリーブオイルはしみの原因になります。繊細な革に一度オリーブオイルが染み込むとなかなか除去することは難しく、劣化の原因となるでしょう。そのほか、ハンドクリーム、靴用のクリーム、アルコールなども革のお手入れには向いていません。

また、水分をふき取った後に乾かそうとドライヤーを使ってしまうのもNGです。革は熱に弱く、ドライヤーを使うことでひび割れ、型崩れ、硬化などを引き起こす恐れがあります。

 

・スプレーやクリームは必ず注意事項を読もう

スプレーやクリームを使うときには、その革に合ったものを使うことが重要です。合わないものを使うことで、しみ、変色を引き起こす恐れがあります。また、防水スプレーの粒子は非常に小さく、大量に吸い込むと害となります。使用の際は、必ず使用方法・注意事項を熟読するようにしましょう。

革製品は経年変化を楽しむことができる、使えば使うほどに愛着が持てるアイテムです。長年愛用するためにも、日ごろからのお手入れや、汚れ・水分がついてしまったときのお手入れを徹底するようにしましょう。

中古品との「出会い」を楽しもう

中古品との「出会い」を楽しもう

 

 

皆さん、中古品を買うことはありますか?
もしあるとしたら、購入する決め手は何でしょう?

「まず価格」という方が、いちばん多いかもしれません。
しかしただ安ければいいわけではなく、その次に重要なのは状態や付属品の内容。安くてもボロボロは遠慮したいという方も多いでしょう。
表示価格と定価を照らし合わせ、状態などを天秤にかけて購入するかどうかを決める……そうした考え方が、中古品購入では一般的ではないでしょうか。
あるいは限定品や希少品など、出荷数の少ない品物であれば、状態にはだいぶ目をつむり、価格も度外視する方も多いかもしれません。それは価格や状態などよりも、その品物が存在していること自体が貴重だからこそ。
中古購入の楽しさは、そうした自分の「価値観の天秤」を傾けることだと思います。
たまたま寄ったお店や、足しげくチェックするお店、そうしたお店に行ったタイミングに「たまたま」遭遇できた中古品。
そこで自分の価値観の天秤を傾けて購入するかどうかを考え、決断する。
でもひょっとしたら、別の店に行けばもっと安く売っているかもしれない。この店でも、次に来た時には値引きされているかもしれない。
それじゃあ、今この店で買うべきか? それとも、見過ごして次の機会をうかがうべきか?
……こうした悩みと決断こそが、中古品購入の醍醐味とも言える部分です。

淡い期待を抱いて別の店に行ってみたら、同じ品物はなかった。その代わり、別に気になる品物があって、そちらが前の店にないかが気になってしまった。
しかし時間が遅かったので、日を改めて最初の店に来店したら……ない。どちらもない。最初に気になったものもなくなっている。
店員さんに聞いたら「売れちゃいましたよ」との返事。次にいつ入るか、と聞いてみても「いやぁ、中古品ですからねぇ。お客様がいつ何を持ってきてくれるか、わかりませんから……」

これが、中古の怖いところです。
中古品は常に「1点モノ」なので、もしもそれを欲しがっている方が来店し、買ってしまえば在庫はなくなる。メーカーや業者からの仕入れ品ではないので、他のお客様が持ってきて売却しない限り、再入荷の予定もない。その可能性はあるかと聞かれても、それは偶然の可能性なので、約束できるものでもない……。
それでは「取り置き」してもらったらどうか? そう考える方も多いでしょう。取り置きしてもらってから他店と見比べて検討し、自分の財布事情とも相談して、改めて購入しよう。もし入荷したら連絡してもらおう……と。
しかし中古業界では、多くのお店が「お取り置き・手付金・予約などはお断り」ではないかと思います。小規模店舗などはご近所様との交流も兼ねておこなっている店もあるかと思いますが、グループ展開しているような大きなお店は、ほぼ「その場での購入のみ」でしょう。

それはなぜか?
前例のように「いつ・誰が買ってくれるかわからないから」です。
特に大規模店は来店される全員を購買層として見ているため、その中のおひとり様だけを優先することはできません。同様の理由で、値段交渉を断るお店も多いと思います。ましてや来客数がとても多いので、予約などを受け入れるとパンクしてしまいます。
すべて1点ものであるため、返品や交換に応じる店もあまりないでしょう。状態を自分で確認して購入する中古品の購入は、現物を見ることができない通販などと違ってクーリングオフの対象にもなりません。
すべての理由は「1点ものだから」です。
「その時、その状態で、その値段で、そこにあるもの」
それを自分の天秤にかけ、「今」購入するかどうかを見極める。それが中古購入の醍醐味です。

もちろん、いちばん望ましいのは「状態が良く、安い」ものでしょうが、それでは天秤のバランスが悪く、希望しているものに出会うこともなく、なかなか購入につながりません。そこから求めているアイテムにより「安ければいい」にハードルを下げる人もいますし、「状態が良ければ高くてもいい」という条件のハードルに切り替える人もいます。
「あの時、買っておけばよかった」という後悔はつきもの。逆に、一時の物欲で購入して「どうして買っちゃったんだろう」と後悔することも多々あります。「もっと状態を確認すればよかった」という例もあれば、「あとから行った別の店の方が安かった!」ということもあるでしょう。
しかし、その方がその店でその品物を買ったこと、それこそは中古品特有の「出会い」なのです。たまたま出会った一期一会と同じことなのです。
そして、出会っておきながら購入できなかったものは、再び出会える確率はかなり低いのです。それこそ一期一会のご縁のように……。
昔から、カメラやレコードのマニアの間で言われている格言があります。
「買わずに後悔するより、買って後悔しろ」
「迷った時は買い時」
これらは、もともとは新品に対する格言ですが、現在は中古品の世界でもコレクターの格言とされています。
コレクションする気がなくても、これはすべての中古品にも言えることではないでしょうか。

「その時に欲しいもの」は、その時がすべて。
買わずにいれば、そんなに欲しくはなかったと思い直すこともあると思います。
迷って購入したあげく、あまり気に入らなかったものでも、使っていくうちに愛着が湧くケースもあるでしょう。せっかくの縁で手もとに来たアイテムですから、使ってあげるのは最良の手段です。
現代は、中古買取店が多くあります。もし購入したものが不要に感じたら、売却してしまうという選択肢もあります。購入と売却、その差額の損失こそありますが、ダメージを軽減させるという考え方もできるでしょう。
知り合いや近親者にプレゼントするのも手です。購入した方が、買うまでに至った良い商品なのですから、近しい人には感性や価値観が合う可能性もあるのではないでしょうか。
お客様の中には「買ってしまった失敗例として、持ち続ける」という方もいらっしゃいました。自分の決定力を磨くために、教訓さながらに飾っておくそうです。
しかし何より、そうした葛藤も「買えなかった」場合では味わえないもの。
そんな「出会い」は、中古品ならではの楽しみ。いっそ飛び込んでしまうのも、いいかもしれんませんよ。

もらったブランド品の価値を知りたいときは

ブランド品は、プレゼントとしても最適です。しかしもらったはいいものの趣味が合わず全く身に着けられないということもよくある話です。中には、買い取りサービスを利用したいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、そのアイテムの価値がわからなければ、不安で売るにも売れませんよね。

それでは、ブランドものの価値を知るためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

ブランド品の価値とは

ブランド品と一口にいっても、世界中にはたくさんのブランドが存在しますし、思い浮かべるブランドネームは人それぞれでしょう。しかし、そのブランドを思い浮かべたときに、このブランドはこんなイメージだ、というものが出来上がってはいないでしょうか?

「このブランドなら安心」「このブランドはデザインにこだわりがある」「このブランドはセレブ層に人気がある」こういったイメージそのものが、ブランドの価値といえます。

ブランドにはそもそも創設者の名前などに由来するものが多く、だからこそ創設者の生き様やこだわりがつまっています。そのこだわりが次第に評価されるようになり、評価が高まれば高まるほどブランドの価値は上がります。多くのブランドは素材やデザインにもこだわりを追求するため、品物の値段にも直結します。有名な商品ほど高価なのは、そのためです。

しかし、身に着けることによって満足し、誇りを持てるようになるブランドには、それに値する価値があるのです。

 

売るのなら価値の高いうちに

最新のコレクションやアイテムは需要が高いため、ブランド品といえどもなるべく早めに売った方が、値が高くつく可能性が高いでしょう。

一般的に、使用頻度や保管状態によって価格は異なりますが、販売時期から時間がたてばたつほど価格は下がる傾向があります。ファッション業界では次々と新商品が発売され、流行によって価値が顕著に左右されるため、流行遅れのアイテムでは高値は期待できません。世界的に人気の高級ブランドでしたら値がつかないということは稀ですが、買い取り店によっては「買い取り不可」となる場合もあります。

いつか使うかも……とタンスの肥しになる前に、不要と思ったら早めに売るようにしましょう。

 

ブランド品の価値を知りたい場合は?

自分に不要なものだと、誰かに無料で譲ったり、低価格でオークションで販売したりしまいがち。ブランド品の場合は、自分では想像がつかないほどの高値で売れる可能性があります。誰かに譲る前に、価値だけでも確かめてみてはいかがでしょうか。

ブランドの価値を知るための手段としては、質屋などで査定をお願いするといいでしょう。大抵の場合は無料で受けてくれます。複数の店舗で査定をしてもらうことにより、より正確な価値を知ることができます。

プレゼントとしていただいたものでは、使用していなくても売りにくいものです。しかしそうしている間にもどんどん価値は下がっていきますので、趣味が合わない、これから先使わない、と思うのであればなるべく早めに査定に出すといいでしょう。