「アウトレット」とブランドの価値

皆さん、「アウトレットモール」をご利用になりますか?

さまざまなブランドが一堂に会し、

 

・「在庫過剰品」

・「1シーズン前の型落ち品」

・「B品(多少の難あり品)や展示品」

・「販売終了した廃番品」

・「開発用サンプル品」

・「アウトレット用の廉価モデル」

 

などが販売されるモールで、一般メーカーに始まり、ハイブランドまで出店しています。

郊外型モール施設として、都心から少し離れた広い土地が確保できる場所にオープンしていることが多いので、小旅行も兼ねて楽しんでいる方も多いと思われます。

 

そのアウトレットに出店しているブランドが、実は中古流通で大幅に価値が落ちていっています。

代表的ブランドは「コーチ(COACH)」。ほとんどのアウトレットでも目にすることができ、以前にも増して若い女性の支持を一気に集めました。その結果として、逆にコーチ全体の中古流通価値が下落しています。

それはなぜでしょう?

 

「少しお金を足して新品が買えるなら、誰かが所有していた中古品や未使用品より、新品を買ったほうがいい」

……という層が急速に増え、中古相場が下落。型番の先頭に「F」がつくアウトレット用モデルを持っている方が爆発的に増えました。結果、コーチの中古相場全体が冷えきってしまったのです。

 

以前のコーチは、ルイ・ヴィトンにも引けを取らないハイブランドでした。

かつての良品レザー商品を生産の主軸とする路線から、ポピーやオプアートといった可愛いキャンヴァス生地の路線に転じたことで、若い女性や主婦層の支持が一気に高まりました。

そこからアウトレットに進出し、「アウトレット用モデル」を大々的に投入。

作りは大きく変わらないものの、価格が半値相当に安いモデルを展開し、コーチを持った若い女性が一気に増えました。そうしてかつてのハイブランドは、身近なブランドへ転じていったのです。

 

実は、グッチ(GUCCI)もアウトレット展開を始めていますが、コーチほど多数出店ではないため、一部のモデルは極端な値下がりには至っていません。ただしほかのハイブランドより、モデルによっては中古相場が厳しいブランドになっていることも確かです。

 

これらの動きの結果は、もちろん買取額に反映されます。

「買ったときは高かったのに……」という声はよく聞きますが、どうしても中古流通額にもとづく販売額から、買取額を計算しなくてはいけない中古業界。

定価はもはや「メーカーが定めた新品リリース時の値段」になりつつあります。

それに対し、決して安売りをしようとしないのがルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)です。

かつて何度も廉価モデルやB品の流通依頼を受けたことがあるようですが、「少しでも不具合のある品物は完全廃棄」を貫くヴィトン。ことごとく安売りの要請を跳ね除け、現在でも「ブランドといえばヴィトン」という地位を守っています。

シャネルやエルメスなども職人による製造が続けられており、その地位は高いままです。

そうした手間や価値を惜しみなく注いできた職人の技や誇りではなく、「工場で大量生産」するようになったことが、コーチやグッチの価値観を落とした側面のひとつでもあるかもしれません。

 

ただ、バッグは日常使用するもの。

ブランド以前に「デザインが好き」「機能性がいい」といった視点で購入する方も多いと思います。かわいいデザインが多いコーチやグッチのアウトレット展開を「待ってました!」と喜んだ方も多いでしょう。

「気に入ったものを購入したら、使い続けること」

それこそが、中古品に携わる我々がお願いしたい、お品物に敬意を払いたい部分です。

 

もちろん、もうご不用になったら現在の中古流通額で買取します。ですが、そのバッグにまつわるお客様の努力や想い出を、我々は買取額に反映することはできません。

だからこそ、苦労して買ったバッグは最後まで使い続けるのも、商品に対する立派な愛情ではないでしょうか。

決して金額に変えられない、その人だけの価値観として。

革のバッグを長持ちさせるためのお手入れ方法

使えば使うほど味が出て、自分だけの逸品に仕上がっていくのが革のバッグの醍醐味です。しかし、乱暴に使っていたり、汚れを拭き取らなかったりすれば、それだけ劣化してしまいます。大切に使用するためにも、革のバッグのお手入れは徹底しましょう。

それでは、革のバッグのお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか。

 

革のお手入れの前に

革のバッグのお手入れをするには、

準備が必要です。お手入れに必要な準備や、グッズをご紹介します。

 

・素材のチェック

革と一口に言っても、その種類は様々。例えば、染料仕上げの革は、手入れ剤によってはシミを作ってしまうこともあるので、注意が必要です。

代表的な革製品のタイプは以下のようなものがあります。

①ナチュラルレザー

人工的に染色や塗料で仕上げない自然な革の風合いがでているものですが、その分かなりデリケート。使い始める前に防水スプレーなどをしておくといいでしょう。

②スエード(ヌバック)革

起毛革とも呼ばれる、革をベルベット状に起毛させて仕上げたもの。かなり丈夫な革ですが、起毛革用のクリーニングと保護・汚れ防止スプレーなどもあると便利です。

③エナメル革

手触りがツルツルしていて光沢があるのが特徴。直射日光での焼けや乾燥でのひび割れなどトラブルも多く、エナメル専用のグッズでお手入れしておくと、トラブル予防にもなります。

ほかにも、革の種類によって合ったお手入れ方法がありますので、その革にあったお手入れができるよう準備しましょう。

・グッズを用意しよう

必要なグッズは、ブラシ・クロス(柔らかい布)・革専用のオイル(カラーや対応している素材をチェック)です。

 

 

革のお手入れ手順

 革のバッグの、基本のお手入れ手順をご紹介します。

・ほこりを取り除く

まずは、バッグの表面をブラッシングします。軽く撫でるようにブラッシングし、ほこりやゴミを取り除いていきます。これをすることにより、この後のお手入れで革に傷が付くのを防止します。縫い目部分まで丁寧にブラッシングしましょう。

・汚れを拭き取る

クロス(柔らかい布)で、革表面の汚れを落とします。頑固な汚れがある場合は、無理に落とそうとするのではなく、クリーニングオイルなどを使用しましょう。

・オイルケア

革専用のオイルを布にとり、さっと全体的に馴染ませます。小さな円を描くように、革全体に均等に塗り込んでいきます。塗り込んだら、余分なオイルを乾いた布で優しく拭き取りましょう。

・陰干し

直射日光の当たらない、涼しい場所で干します。革を触ってみて、ベタつきがなくなっていたらOKです。元々ベタ付かない場合は、陰干しは特に必要ありません。

 

革のお手入れの注意点

繊細な革だからこそ、少しの失敗がひび割れやシミにつながります。革のお手入れをする際には、このようなことに気をつけましょう。

 

・オイルとの相性を確認しよう

オイルと革の相性が悪いと、色落ちの原因になります。お手入れを始める前に、必ず一度目立たない個所で試し、結果を確認してから使用するようにしましょう。なお、バッグは衣類と密着するものなので、オイルは透明のものを選んでください。

 

・力加減に注意

ブラシをかけるときや、汚れをクロスで拭き取るとき、力を入れすぎないようにしましょう。力を入れすぎると傷が付く恐れがあるので、まずは撫でるような感覚でお手入れを始めてみましょう。

 

・基本は、毎日のお手入れ

革のバッグは、簡単でもいいので、毎日のお手入れをおすすめします。毎日行う場合は、柔らかい布でさっと乾拭きしてあげるだけでOK。これだけでも、素材の美しさを充分に保つことができるはずです。

 

大事な革のバッグを長持ちさせるためにも、毎日の簡単なお手入れや、上記でご紹介した定期的なメンテナンスを行うことをおすすめします。