喜平チェーンについて

ネックレスやブレスレットなどのチェーンに使われる、「喜平」という名前をご存知でしょうか。

基本的に、輪っかをひとつずつ組み合わせた「あずき型」チェーンをひとつずつ90度にひねり、カドをプレスで平たく押しつぶしたものを「喜平」と呼びます。そうして面を作ることで光が反射し、豪華に輝きます。中には平らにした面にダイヤをちりばめる方もいるようです。
スタンダードなものは上下をプレスした「2面喜平」ですが、プレス面を増やした「4面」「6面」「8面」、多いものでは「12面」「14面」「16面」もあります。対称的にプレスが入ることが基本のため「3面」などはほぼ製作されません。

また、リングの編み方でも名称が変わります。

輪っかを1本に1本通すと「シングル喜平」と呼ばれ、2本通すと「ダブル喜平」になり、3本通した「トリプル喜平」もあります。
プレス面と編み方を組み合わせることで光り具合や見え方が異なっていき、デザインについては「ダブル6面喜平」などと呼ばれます。

 


この「喜平」という呼び名には、2つの由来説があります。

・日本で初めてこのチェーンを作った飾り職人「鈴木喜平さん」にちなんで「喜平」と名付けられた説
・南北戦争の頃の騎兵隊がサーベルや懐中時計につけていた鎖のデザインが現在で言う喜平チェーン型で、それが明治の日本に入ってから「騎兵」が「喜平」に転じたという説

しかしどちらも確たる証拠がなく、噂にとどまっています。
「いつの間にか喜平と呼ばれていた」というのが、実際のところでしょうか。

 


喜平チェーンには細いものも多くありますが、特にインパクトの強い太いチェーンで有名です。
素材は18金が多い印象ですが、中にはプラチナやシルバーを用いたもの、または貴金属以外の廉価な金属 (銅や真鍮など) を使用してメッキを施し、最初からメッキ商品として販売しているものもあります。
デザイン料があまりかからないシンプルなアクセサリーのため、金やプラチナの喜平は資産価値として求めやすく、投資目的でお持ちになっている方も多いようです。
そのため地金感覚で「30g」「50g」「100g」などとグラム単位で呼ばれることも多く、またグラム誤差が大きくないことも特徴です。

しかし注意したいのは、喜平チェーンはシンプルで作りやすいため、偽造品も多く出回っていること。
見抜くには知識や経験が必要になりますが、異なる素材に金メッキを施して「K18」刻印を入れたものや、シルバーに「Pt900」刻印を入れたものなどが買取店にも持ち込まれます。
不審なほど安価なインターネット販売などがあっても、おおよそ偽造品の可能性が高いので購入は控えたほうが得策。購入の際にはしっかりとした宝飾店を利用したほうがいいでしょう。
また前述のように、最初から「18KGP (18金メッキ) 刻印」などを施し、アクセサリー用の安価なメッキ製品として販売している店舗もあります。
そうした意味でも、安直に「喜平 = 金」とは考えないほうがいいかもしれません。

 


そのシンプルさで見直されている「喜平」デザイン。イヤリングや指輪にもデザインが使われることがあります。
身の回りにひとつ、あれば気持も変わるかもしれませんね。