世代を超えて愛される、ルイ・ヴィトンの定番品

世代を超えて愛される、ルイ・ヴィトンの定番品

ブランドバッグの代表格、ルイ・ヴィトン。もともと旅行かばんを取り扱う会社として創業されたため、その丈夫さは折り紙つき。
現在でもさまざまな新しいアイテムが出ていますが、不動の人気商品にして定番品である「アルマ」「キーポル」「スピーディ」「ネヴァーフル」の歴史と魅力について、ご紹介します。

 

アルマの歴史と魅力

ルイ・ヴィトンの数あるバッグでも、最も長い歴史を誇るバッグ、それがアルマ。
1900年ごろ、トランクの中身を分けるポーチをひとつにまとめた「スティーマー・バッグ」が誕生しました。
そのバッグは1934年、中世の騎士が使用したバッグに着想を得たデザインの「スクワイア・バッグ」として進化します。これはシャネルの創業者、ココ・シャネルがオーダーしたバッグとも言われています。
1955年にデザインが変更されて名前を「シャンゼリゼ」と変えて定着し、1992年、とうとうアーチ状丸型フォルムの「アルマ」が誕生。実に100年以上の歴史を誇る伝統品なのです。
アルマのよさは、何と言ってもそのかわいらしいフォルム。パリのセーヌ川に架かる橋「アルマ橋」独自のアーチ型の形状を模し、名づけられたと言われています。
アーチ状の上部はダブルファスナーとなっており、大きく開くので中にたくさん入れることができ、開閉や出し入れも簡単。底面がヌメ革で覆われているため、丈夫で型崩れもしにくいのが特徴です。
時代とともに内側にポケットや携帯入れを増やすマイナーチェンジがおこなわれつつ、モノグラムにとどまらずダミエやエピなどの各種ライン、オーストリッチやアリゲーターといった素材、さらにはデザイナーモデルなども多くリリースされ、ルイ・ヴィトンのアイコンとして愛され続けています。

 

キーポルの歴史と魅力

ルイ・ヴィトンがトランクなどの旅行かばんの会社として創業されたのは、前述のとおり。
その信念と技術をもって、現代的な旅行かばんとして1930年代に再解釈したのがキーポルです。いわゆる「ボストンバッグ」「トラベルバッグ」の先駆的存在と言えるでしょう。
発売当初はコットン製で、スーツケースに収納する前提で制作されたため、折りたためる予備バッグとして活躍。その性能からフランス語で「Tient tout(すべてを収納する)」バッグと呼ばれていました。
のちにモノグラム・キャンバスに生地が変更され、英語の「Keep all(すべてを収納する)」に転じて「キーポル」という名前になったと言われています。
キーポル最大の魅力は、やはりその収納力。バッグひとつで旅行に出かけられるほどのサイズながら、より豊富なサイズ展開も豊富です。
ハンドルがしっかりしているので持ち運びも苦ではなく、ショルダーストラップを設けた「バンドリエール」も展開。用途や日程に合わせてモデルを選べます。
コットン時代の「折りたたみ」も健在。両端からたたんで中央で折り、コンパクトにすればスーツケースにも入ります。ヴィトンの源流である「旅行かばん」の強みを実感できる逸品です。

 

スピーディの歴史と魅力

さながらキーポルを小さくしたようなボストンバッグ、それがスピーディ。誕生はキーポルと同じく1930年代で、旅行用ハンドバッグとしてヌメ革仕様の「エクスプレス」というバッグでした。やがて急速に発展する現代にあわせ、「現代のスピード感に対応できるように」スピーディという名前に変わったといいます。
1959年から生地がモノグラム・キャンバスに変更され、オードリー・ヘプバーンが愛用していたという背景も手伝って、日常にも旅行にも使いやすいスピーディは世界中で人気を呼びます。まさに「ルイ・ヴィトンが旅行かばんから街仕様のバッグになった瞬間」をとらえたアイテム、それこそがスピーディなのです。
基本的にキーポルと構造が同じスピーディは、そのシンプルさと大容量が魅力。同じくサイズ展開が豊富で、ショルダーストラップ付属のバンドリエール・モデルも展開されています。
ハンドバッグの大きさなので、デザインの遊びが利かせやすく、数多くのラインやデザインで発売されました。
丈夫さと使いやすさ、デザイン性を総合的に考えてスピーディに行き着く人も多く、現在でも愛用者は数知れず。ファッションとしても合わせやすく、時代に流されないデザインはいつまでも魅力的です。

 

ネヴァーフルの歴史と魅力

以上の歴史あるモデルと違い、2007年に製造が始まった「ネヴァーフル」。すっかり街仕様バッグとして定着したヴィトンが「街用バッグは、デザインが先行して荷物容量が少ないことが多い。『どんなに荷物を入れても一杯にならない(=Never Full)』バッグを作ろう」と企画されたのがネヴァーフルです。
歴史あるヴィトンのヌメ革ハンドルをセミショルダーの長さに設計し、軽量と耐久性の双方を実現。あっという間に不動の地位を獲得し、現在最も目にすることが多いヴィトン・アイテムになりました。
ハンドルのスマートなデザインにより、大容量かつ軽いことがネヴァーフル最大の魅力。荷物が少ないときは左右のストラップを留めることで、上部がすぼまってコンパクトになる設計も人気を呼びました。
近年発売されたモデルということもあって、どんなファッションにも合わせやすいのも魅力。「ラフなシャツとジーンズに、ネヴァーフル」でも不自然さがまったくありません。ポーチ付属で使いやすいうえに、価格も抑えめにリリースされたことも人気に火をつけた理由のひとつでしょう。
その爆発的な人気のため、多くの人気ラインや特徴的なデザイナー・モデルが数多くリリースされていき、一気に市民権を獲得しました。「新しい、時代を超えるモデル」として今後も愛されていくことでしょう。

ルイ・ヴィトンのバッグは、歴史ある設計と素材、それにより実現できる丈夫さが何よりの特長。
他にも無数のモデルが存在しますが、特に人気が高いこれらは、時代や年齢を超えて愛用される逸品と言えるでしょう。
さまざまなモデルを吟味していけば、必ず自分の用途や好みに合ったバッグを見つけることができるはずです。
いくら丈夫なレザーといっても、荒く使ったりお手入れをしないと傷んでしまいます。
使用後には乾拭き、汚れがついたら拭き落としするなど、愛着をもって使用したいものです。
もし不要になっても、人気のヴィトンは必ず欲しがっている人がいます。プレゼントしたり買取店などに持ち込むことで、時代を超えて愛用されていくことでしょう。