ロレックスの時計はなぜ高いのか?

高級時計ブランドといえば、ロレックスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。社会人の中ではロレックスを持つことが一つのステータスだと考える人もいるほど、ロレックスは時計ブランドとしての価値が高いことで知られています。

しかし、そのブランド価値の高さと比例して、値段が高いのも事実。なぜ、ロレックスは高いのでしょうか? その理由につい今回はてご紹介します。

 

ロレックスの歴史

ロレックスの始まりは、1905年、ハンス・ウィルスドルフがロンドンに「ウィルスドルフ&デイビス社」という時計会社を設立したことにさかのぼります。

当時は懐中時計が主流で腕時計の性能はあまりいいものではありませんでしたが、彼は腕時計の魅力に目をつけ、1907年に事務所をスイスに移転。腕時計の製造を、本格的に開始しました。

そして翌年誕生したのが、自社ブランド「ロレックス」です。

1919年には、本社を時計産業の中心地として栄えるジュネーブに移転し、以後ジュネーブを本拠地として現在に至ります。

1926年、防水性と防塵性を備えた世界初の腕時計「オイスター」を開発。1931年には、腕時計の自動巻きの原点となった「パーペチュアル機構」を開発。そして1945年に小窓に日付が自動的に現れる「デイトジャスト」を発表し、この3つはロレックスの3大発明ともいわれています。

1950年初頭には、時計としての本来の機能以上のものを備えたプロフェッショナルウォッチを開発しました。

ロレックスは、会社設立当時から時計業界において革新的な功績を残してきたからこそ、時計ブランドとして確固たる地位を築いていったのです。

 

ロレックスの品質

スイスでは時計産業の分業が進んでいるため、他の業者のムーヴメントを使用するのが一般的でしたが、ロレックスだけは自社でムーヴメントの開発から製造までを手掛けています。さらにはそのムーヴメントが非常に高品質であることが認知され、ロレックスの時計が高性能であることをさらに世に知らしめました。

強度で見ても、ロレックスは優れています。ロレックスの時計にはスーパーステンレスといわれる904Lステンレスが採用されています。904Lステンレスは強度が非常に高く、高級時計と呼ばれる時計にも使用されている316Lの倍以上。これを採用しているのは、ロレックスだけなのです。

針やインデックスにも腐食に強いゴールドを使用。細部の仕様も次々と進化し、非常に細やかな技術力が行き届いています。

 

 

ロレックスのブランド

ロレックスが行ってきた広報活動も、ロレックスブランドを語る上では外せません。

最も有名なのが、ドーバー海峡横断でしょう。

 

当時、腕時計にとって水は最大の弱点といわれていましたが、その弱点を一蹴したのが、ロレックスの防水時計「オイスター」でした。開発当初はそれほど話題にならなかったのですが、発売翌年の1927年に、ロレックスとのコラボ企画としてイギリス人のスイマーであるメルセデス・グライツがオイスターをはめてドーバー海峡を泳いで渡ったのです。

 

15時間15分という長時間を泳いで渡り、誰しもが、時計が正しく機能するのは無理だと考えましたが、なんと時計は全く狂うことなく時を刻んでいました。この出来事はビッグニュースとして世界を駆け巡ったのです。

 

ロレックスの品質の高さと、その画期的な宣伝方法などを経て、ロレックスは世界中のセレブに愛用されるようになり、その価値は今も衰えることを知りません。

 

その長い歴史や品質の高さから、ロレックスは時計ブランドとしての揺るぎない地位を築いてきました。ロレックスの値段の高さも、ロレックスという品質の高さに裏打ちされた一つのステータスだといえるでしょう。