遺品整理とは?遺品整理を行う必要性

親などの身内が亡くなると、残された家族は故人の身の回りの品々や家財を整理しなくてはいけません。大切な家族を失った悲しみの中で、遺品整理を行うのは精神的に辛いものですが、思い出を振り返りながら片付けをしていくことで、故人の死を受け止め、前を向いて生きていくきっかけとなるはずです。今回は、大切な家族の遺品整理について、詳しく解説していきます。

 

遺品整理とは?

「遺品整理」というのは、亡くなられた方が生前使用していた品々(遺品)を整理することを指し、遺品処理、遺品回収とも呼ばれています。衣類や愛用していた雑貨、家電製品など、遺品として残されるものは実にさまざま。遺品整理を行うタイミングについては、いつまでに終えなくてはならないという決まりは特にありませんが、四十九日や百日などの法要を終えて気持ちが落ち着いてから取りかかるケースが多いようです。

遺品の中から、衣類や装飾品などを故人

と親交の深かった方々に贈ることを「形見分け」と言います。形見分けを希望される方には、法要の際などに手渡したり、遺品整理に立ち会ったりしてもらうと良いでしょう。

また、故人が遠方に住んでいる場合や、遺品整理を行う家族自身も高齢だった場合などには、遺品整理専門業者に作業を代行してもらうという選択肢もあります。

 

遺品整理を行う必要性

遺品整理は、残された家族にとっては悲しみや寂しさを伴う大変な作業ですが、だからと言ってそのままにしておくわけにはいきません。特に故人が生前、借家や賃貸物件に住んでいた場合には、その部屋をきれいに片付けて明け渡さなくてはいけませんので、できるだけ早急に遺品整理を行う必要があります。

また、故人が残したものの中には、遺言や証券、貴金属といった価値のあるものや、ライターやガスボンベなどの危険物が含まれていることも考えられますから、全てのものにしっかりと目を通して分別しながら整理していくことが大切です。

 

遺品整理の進め方

遺品整理をする上で最初に直面する問題が、「何を捨てて、何を残すか」という判断です。故人の思い出が詰まったものですから、単純に「価値のあるもの以外は処分」とはいかないのが残された家族の心情でしょう。装飾品や宝石などのように価値のあるものはもちろん、故人が生前愛用していたものや大切にしていたものは、故人とのつながりを感じられる形見として残しておくことをおすすめします。また、日記や手紙、手帳、預金通帳、家の権利証などは亡くなった後も必要になることがありますので、大切に保管しておきます。

それでも尚、何を残して、何を処分すべきかが分からない場合には、遺品整理のプロである遺品整理専門業者に依頼することを検討することをおすすめします。

 

遺品整理を行うことになったときに困らないためにも、生前から家族とコミュニケーションを取り、亡くなった後のことについて話し合いをしておくことが最も大切だと言えます。

遺品整理をご自分で行う場合には、骨董品や装飾品、貴金属などを質屋に査定してもらい、正当な価格で買い取ってもらうと良いでしょう。