在庫品の上手な処分方法について

小売店やネットショップなどを運営している場合、大抵の場合は在庫を抱えることになります。上手に販売することができれば不要な在庫が発生することは避けられますが、不良在庫と呼ばれる不要な在庫が出てしまった場合は、早めに処分しなければ資金繰りにも悪影響が出てしまいます。

今回は、不要な在庫の賢い処分方法をご紹介します。

 

在庫品が出る場合とは

売れる見込みのない商品が倉庫で大量に眠っている……古い商品が売れ残り新しい商品を置く場所がない……など、不要な在庫が出てしまう場合があります。特に、流行の早いブランドアイテムや、型落ちすると売れにくくなる家電などでは、シーズンが終わってしまえば抱えている在庫を通常の価格で販売することは難しくなるでしょう。

販売動向と在庫状況を常に把握することにより、不良在庫は避けられますが、オーナーでもそれを把握しておくことは簡単なことではありませんし、やむを得ない事情から在庫が蓄積されることも珍しくありません。やむを得ない事情としては、顧客からの返品やキャンセルが出た場合、カラーやサイズが豊富すぎる商品、販売期間が限られる季節商品などが考えられます。

また、在庫切れが不安で見込みよりも多めに仕入れてしまってはいませんか? 大量に仕入れるとそれだけ割安になるケースもありますし、リアルタイムでお客様が手に取るオフラインショップでは特にやりがちですが、それが不要な在庫を招く原因となります。

 

 

家電リサイクルで処分

Recycle diagram 3d concept isolated on white

不良在庫を処分する方法は様々ですが、家電の場合は家電リサイクル法にのっとって処分しなければなりません。

家電リサイクル法とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機から有用な部品などをリサイクルするというもの。廃棄物を少なくし、資源を有効活用する目的があります。

小売業者は家電リサイクル券に必要事項を記載し、処分する家電を製造業者や指定法人に引き渡します。

在庫処分に関わらず、上記の家電を販売している場合は、販売した一般家庭から廃棄の申し出を受けなければならないため、家電リサイクル法の正しい知識を身につけておきましょう。

 

 

ネットオークション、買い取りサービスを利用

処分するとはいえ、お金のかかる処分方法や利益にならない処分方法はなるべく避けたいもの。なるべく高く処分するためには、ネットオークションか、買い取りサービスという手があります。

ネットオークションは、小売業者がよく利用する方法です。

ネットオークションでは販売者が価格を決めることができ、人気商品であれば自然と価格が吊り上がる、運がよければ高値が付く方法です。しかし運がよければの話で、売り残るリスクも大きいといえるでしょう。

買い取りサービスは、その商品の価値を見極め適切に値がつけられる処分方法。売れ残りの心配はほぼありませんが、型落ちの商品は早めに買い取りをしてもらわないと値が下がってしまいますので、在庫処分は早め早めをおすすめします。

余ってしまった在庫をなるべく高く処分するためには、買い取りサービスがおすすめ。質屋でも買い取りをしていますので、検討してみてはいかがでしょうか。