バッグの型崩れの直し方と防止策

バッグは外で持ち歩くものなので、比較的傷みやすいアイテムだといえます。その中でも型崩れしてしまい修理に持ち込む方も多く、バッグにとって型崩れは切っても切れない存在だといっても過言ではありません。では、どうしたらバッグを型崩れから守ることができるのでしょうか。型崩れを防止する方法などをご紹介します。

 

バッグの型崩れの原因

まず知っておきたいのが、バッグが型崩れしてしまう原因です。考えられる原因をまとめてみました。

 

・荷物の入れ方が悪い

バッグが膨れてしまうほど、荷物を詰め込んでいる方はいませんか?バッグの容量よりも多くの荷物を入れていると、型崩れの原因になります。また、重いものを入れることで素材が伸びてしまい、型崩れしやすくなります。

 

・保管方法が悪い

クローゼットや押し入れでバッグを保管する際に、重ねてしまったり、長い間ひっかけ棒にひっかけたりしていることが、型崩れの原因になります。特に長い間使わないバッグはそのまま癖がついてしまうので、保管方法を変える必要があるでしょう。

 

・過度なお手入れが原因に

革製品を大切に使っている方ほど、お手入れを頻繁に行っていると思います。しかし、過度なお手入れは型崩れの原因になるので注意が必要です。日ごろから柔らかい布でほこりや汚れをふき取る程度なら問題ないのですが、クリームをたっぷりと使用してお手入れをする方は、適切な量と、適切な頻度に見直すようにしましょう。

 

バッグの型崩れの直し方

バッグが型崩れしてしまった場合、元の形に戻すことは不可能ではありません。以下の方法をぜひ試してみてください。

 

・中身をすべて取り出す

毎日使用している状態では、型崩れを戻すことは困難です。まずは、中身をすべて取り出してしばらく休ませてあげましょう。まだ深刻な型崩れでなければ、一度休ませることで型崩れが改善する場合があります。

 

・ショルダーは吊るしがけが基本

ショルダー部分の革が曲がってしまった場合、しばらく吊るしておくことが大切です。決して曲げたまま放置しないようにしましょう。ただし、中身が入ったままではショルダーに負担がかかりますので、中身はすべて出してから吊るしておきます。ひっかける部分が一つだけでは負担が大きくなるので、複数のフックを使用するなどして負担を分散させましょう。

 

・新聞紙などを入れて形を整える

中身をすべて出し、丸めた新聞紙などを詰めて形を整えましょう。バッグが販売されているときに詰められている詰め物を「あんこ」といいますが、あんこは、新聞紙を丸めて不織布で包むだけで簡単にできます。バッグの大きさに合わせて作ることが重要です。

 

・頑固な歪みにはクリームをたっぷりと

なかなか取れない頑固な歪みには、革専用のクリームをたっぷりと塗りましょう。ほかと重ならないように保管しておけば、歪みは改善されるはずです。

 

 

バッグの型崩れの防止策

一度型崩れを起こしてしまったバッグは、なかなかすぐには戻ってくれません。そうならないためにも、日ごろから型崩れ防止策を実践しておきましょう。

 

・あんこを詰めて保管

普段使用しないバッグは中身を出してクローゼットなどに保管していると思いますが、バッグがぺしゃんこのままではすぐに型崩れを起こします。クローゼットにしまう際には、あんこを詰めて形を整えておくようにしましょう。新聞紙を丸めたものでも構いません。

 

・重ねず立てて収納

立たないバッグを、倒して重ねて収納していませんか? 重ねての収納は型崩れの原因になるので、必ず立てて収納するようにしましょう。自立しないバッグは、ファイルボックスなどを活用して保管するといいでしょう。バッグ専用の収納棚や、底に設置するバッグ専用の薄板などを使えばより効率よく収納できるはずです。

 

大事なバッグを長年愛用するためには、型崩れの予防は無視できません。長年愛用できるように、日ごろから型崩れ予防を行いましょう。

「本物」「ニセモノ」の判断

「本物」「ニセモノ」の判断

我々、ブランド品に関わる人間が、お客様によく聞かれる言葉です。
「それ本物? ニセモノ?」
実は、その品物が「本物かどうか」の最終的な判断は、我々のような中古品にかかわる業界の人間には、できないのです。

簡潔に言えば、それが「本物」であると断言できるのは、そのブランドにかかわる従業員や製作者だけです。
我々がおこなう真贋は、あくまで「基準内か、基準外か」の判定。ポイントとなる部分を多数確認し、ブランドの基準となる構造と合っているのか? それとも異なっているのか? をチェックしています。そうしたポイントの決定的な部分が異なっていたり、怪しい部分が多いと「基準外」という判断をすることになります。
また基準外だった場合も、その品物がブランド品のコピー目的で制作されたかも断言できないので、どれだけ確信的なNG部分が多くあっても「コピー品」という断言はできません。
そうして、多くの買取店は「基準外」という言い方をしていると思われます。

だからこそ、究極の真贋は「そのブランドに修理依頼すること」です。多くのブランドは、修理見積もりだけでもおこなっています。
たとえばルイ・ヴィトンは、バッグの一部に違う金具を使っているだけでも修理を断ります。すべてのパーツを自社製でまかなっているロレックスの腕時計も、もちろん同様です。
それだけ厳しい判定をするのですから、自分の持っているアイテムが本物かニセモノかを決定的に知りたい場合は、ブランドへの持ち込みが決定打になるでしょう。もしも「基準外のため、修理できない」と言われれば、それはそのブランドが公式にくだした、基準外品であるという判断です。
日々、学習を重ねている買取業界の人間も真贋の判断はできますが、そのブランドの人間ではないので「断言」はできないのです。

「本物・ニセモノ」は、貴金属に関してもよく聞かれることです。
お客様が金色のネックレスをお持ちになって「これ、本物?」と聞いてきた場合、ほとんどは「この金属は貴金属なのか」という意味でしょう。
しかし、もともとメッキ製品として販売されていた商品も無数にあります。その場合は「ニセモノ」とは言えないので、正確には「貴金属ではない、本物のメッキアクセサリー」という考え方になると思います。
よく見ると「K18GP」「K18GF」などのメッキ加工を意味する刻印も多く、それに関しては「もともとメッキ製品として流通していたもの」です。もとより「貴金属を全体に使用した製品ではない」との表示がされていることになります。それをニセモノと呼ぶのは、ちょっと酷な気がしますね。

そもそも、ブランド品でもメッキ製品は多くあります。「本物のシャネルのメッキ製品」も数多くあり、携行する小物類や身に着けるイヤリングなど、軽くて丈夫な金属を使ってデザインするものも多いと思います。
ただし、金質が異なる金属に「K18」「Pt900」などの表記を意図的に刻印している場合は、我々でも「本物の貴金属ではない」という判断はできます。銀にプラチナの表記をするなど、明らかな悪意のあるものは、ニセモノと明言してもいいかもしれません。
技術が進んでいる近い将来、おそらく「天然ダイヤと人工ダイヤ」なども「本物かニセモノか」と言われることになるのではないでしょうか。実際、キュービック・ジルコニア製品を「ニセモノ」と呼ぶ方が多くなっているように感じます。

近年、インターネット・オークションやフリーマーケット・アプリなどにより、個人間での取引が増えています。それにあわせてブランドの真贋ポイントについてのインターネット情報も豊富ですが、記述内容が誤っているものや思い込みによるもの、また現在の基準と異なるものなどもあります。参照することは安心につながりますが、あくまでご自身が納得するための要素として留めておくほうがいいでしょう。
気になったら、近くの買取店へ。
決定打が欲しければ、そのブランドへ。

あわせて「日本流通自主管理協会」のFAQページもご覧くださいませ。

よくある質問

ロレックス、オメガなどの時計を高く売る方法

高級時計の代表格といえば、ロレックス、オメガでしょう。高値で購入したものですから、売るときも高値で買い取ってもらいたいですよね。そのためにも、事前に業者のチェックは念入りに行いましょう!

こちらでは、高級時計を高く買い取ってもらう方法についてご紹介します。

時計の買い取りを行っているところは?

時計を買い取ってくれるところには、どんなところがあるのでしょうか? 一つにこだわらず、いろんな方法を検討してみましょう。

 

・質屋


買い取りといえば、質屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。オメガやロレックスの買い取りを得意としている質屋は少なくありません。レアモデルやヴィンテージものを販売する場合は特に、時計の買い取り実績が豊富な質屋を選びましょう。

 

・時計専門買い取り店、リサイクルショップなど

時計を専門に扱っている買い取り店もあります。時計専門なら、それだけ知識も広いですしスムーズな売買ができるでしょう。ただし、専門店は店舗数が限られているので、インターネットでの査定を利用する方が多くなるかもしれません。インターネットでの査定とは、インターネットで申し込みをして時計を郵送して査定してもらうことです。郵送での査定はトラブルも報告されているので、信頼ある買い取り店を選びましょう。

 

・インターネットオークション

プロに査定してもらうのではなく、インターネットオークションで個人同士が売買を行う方法もあります。写真や必要事項をネットにアップするだけで、自宅にいるだけで時計を簡単に売ることができます。ただし、個人同士のやり取りですから、本物だということを証明する必要があります。保証書や、買ったときの箱なども忘れずにアップしましょう。

 

より高く売る方法

同じ商品でも、買い取り額に差が出る場合があります。どうせ売るのなら、高い値段で売りたいですよね。買い取り店に時計を持っていく前に、このような方法を試してみてはいかがでしょうか。

・汚れや動きをチェック
中古の時計とはいえ、汚れが付いたままでは査定額にも影響が出ます。お店に持ち込む前に、お手入れをしましょう。大切に使っていたことが鑑定士に伝われば、評価にもつながります。柔らかい布で汚れや指紋をふき取り、革バンドは専用のクリームでお手入れをしましょう。金属ブレスは柔らかい歯ブラシを使用すると汚れが落ちやすいです。

長年使っていなかった時計は、止まっている可能性があるのでその場合は電池交換をしましょう。しかし、ロレックスの電池交換ではパッキンの交換や防水確認をする必要があり、非常に高価になるので、修理が必要な場合は修理せずに売ってしまった方がお得だといわれています。

・付属品を揃える
時計本体だけでも買い取りは可能ですが、付属品の有無で査定額は変わります。保証書や箱があればそれだけで買い取り額がアップ。付属品があるだけで、5,000円~30,000円アップします。どこにしまったかわからない……という場合でも、面倒くさがらず探してみましょう。

 

売るときの注意点

買い取り店で大事な時計を売る前に、注意しておきたいことがあります。注意点を以下にまとめてみました。

・買い取り価格をチェック
質屋や時計専門買い取り店のホームページ、ネットオークションなので、事前に同じ型の買い取り額をチェックしておきましょう。買い取り店で提示される金額が正当なものであるかを知ることができます。金額がリサーチした平均金額よりも低く、低い説明が適切ではない場合は優良店ではないといえるので、ほかのお店で査定してもらいましょう。

・無料見積もりを利用する
一店舗ですぐ売ってしまうのではなく、複数のお店で無料見積もりを依頼しましょう。一店舗だけでは金額が限られてしまいますが、複数のお店で査定してもらえばその中から一番高い金額で買い取ってもらうことができます。

・顔が見えない相手とは特に慎重に
面と向かって査定してもらい、その場でやり取りが行われるのなら問題ありませんが、ネットや郵送を介する買い取りは特に慎重に行いましょう。口コミや実績を確認したり、電話で何度もやり取りをしたりと、信頼できる相手がどうかを見極めることが大切です。

オメガやロレックスを売る場合は、タイミングやコンディションがとても大切。信頼できる業者を選び、賢い売り方をしましょう。

在庫品の上手な処分方法について

小売店やネットショップなどを運営している場合、大抵の場合は在庫を抱えることになります。上手に販売することができれば不要な在庫が発生することは避けられますが、不良在庫と呼ばれる不要な在庫が出てしまった場合は、早めに処分しなければ資金繰りにも悪影響が出てしまいます。

今回は、不要な在庫の賢い処分方法をご紹介します。

 

在庫品が出る場合とは

売れる見込みのない商品が倉庫で大量に眠っている……古い商品が売れ残り新しい商品を置く場所がない……など、不要な在庫が出てしまう場合があります。特に、流行の早いブランドアイテムや、型落ちすると売れにくくなる家電などでは、シーズンが終わってしまえば抱えている在庫を通常の価格で販売することは難しくなるでしょう。

販売動向と在庫状況を常に把握することにより、不良在庫は避けられますが、オーナーでもそれを把握しておくことは簡単なことではありませんし、やむを得ない事情から在庫が蓄積されることも珍しくありません。やむを得ない事情としては、顧客からの返品やキャンセルが出た場合、カラーやサイズが豊富すぎる商品、販売期間が限られる季節商品などが考えられます。

また、在庫切れが不安で見込みよりも多めに仕入れてしまってはいませんか? 大量に仕入れるとそれだけ割安になるケースもありますし、リアルタイムでお客様が手に取るオフラインショップでは特にやりがちですが、それが不要な在庫を招く原因となります。

 

 

家電リサイクルで処分

Recycle diagram 3d concept isolated on white

不良在庫を処分する方法は様々ですが、家電の場合は家電リサイクル法にのっとって処分しなければなりません。

家電リサイクル法とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機から有用な部品などをリサイクルするというもの。廃棄物を少なくし、資源を有効活用する目的があります。

小売業者は家電リサイクル券に必要事項を記載し、処分する家電を製造業者や指定法人に引き渡します。

在庫処分に関わらず、上記の家電を販売している場合は、販売した一般家庭から廃棄の申し出を受けなければならないため、家電リサイクル法の正しい知識を身につけておきましょう。

 

 

ネットオークション、買い取りサービスを利用

処分するとはいえ、お金のかかる処分方法や利益にならない処分方法はなるべく避けたいもの。なるべく高く処分するためには、ネットオークションか、買い取りサービスという手があります。

ネットオークションは、小売業者がよく利用する方法です。

ネットオークションでは販売者が価格を決めることができ、人気商品であれば自然と価格が吊り上がる、運がよければ高値が付く方法です。しかし運がよければの話で、売り残るリスクも大きいといえるでしょう。

買い取りサービスは、その商品の価値を見極め適切に値がつけられる処分方法。売れ残りの心配はほぼありませんが、型落ちの商品は早めに買い取りをしてもらわないと値が下がってしまいますので、在庫処分は早め早めをおすすめします。

余ってしまった在庫をなるべく高く処分するためには、買い取りサービスがおすすめ。質屋でも買い取りをしていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

家庭でもできる金具まわりの「青サビ」ケア

革製バッグを長期間保管していると、鋲などの金具まわりに緑青色した「青サビ」が浮いてきます。

これは金具に使われている真鍮や銅の性質によるもので、放置すると増えて広がってしまいます。さらにバッグの生地に付着してしまった場合、布などは青い汚れがついて取れなくなってしまいます。
そうなる前の、青サビのケア方法をご紹介します。

青サビが浮いた程度の比較的初期であれば、綿棒でこするだけで取れます。ただし周囲に触れると、その部分の布に付着して取れなくなってしまうので要注意。
両端を使用し、もったいないと思わず1ヶ所を拭いたらその先端は使わないのがポイントです。くりかえし使うと、慣れないうちは周囲の布に付着させてしまう可能性があります。
バッグを乾拭きでお手入れをする際など、いっしょに綿棒で金具まわりや表面を拭けば簡易的な青サビ予防にもなります。

青サビが広がってきている場合は、爪楊枝を使います。少しだけ力を入れ、金具の周囲をぐるっと回すようにすれば青サビは簡単に取れます。
それを取り去るときは、爪楊枝から落とさずにティッシュに落とすか、青サビを浮かせた状態からフッと息を吹きかけて飛ばします。指で取ると指に汚れが付着したり、バッグ内部についてしまったりします。布部分についてしまったら、すぐに吹き飛ばしたり逆さまにして落とすこと。指でつまもうとして広げてしまうと、かなり落ちにくくなるので要注意です。
爪楊枝を使う場合に気をつける部分は、力の入れ具合と角度。力を入れすぎたり、爪楊枝先端の鋭利な部分を周囲にあてると、金具周囲の革素材を傷めてしまいます。金具まわりのなぞり跡がついてしまうことも多々あるので、慣れないうちは無理せず、少しずつ取りましょう。
やはり爪楊枝をもったいながらず、取り替えながら何本も使うことが大切です。青サビが少なくなったら、取れた青サビを落下させずに済む綿棒に持ち替えましょう。

重層や市販のクリーナーを使って落とす方法もありますが、金具のまわりの素材を傷めたり変色させてしまうので、手先のテクニックに自信がない方にはおすすめできません。特にレザー素材は変色する可能性が高いので、要注意です。
また、青サビは湿気などから発生しているため、水拭きなどは厳禁。より青サビの発生率を高め、逆効果になってしまうこともあります。

清掃後は、ファスナーをあけたまま風通しのいい部屋に置き、金具まわりや内部を陰干ししましょう。すべての原因は湿度が高い日本の気候や、押し入れ・クローゼットの保管による「湿気」です。普段から使っていれば、適度に風が入って青サビが浮くことはあまりありません。
愛着をもって大切にしまっておく気持も大切ですが、何より、使われるために生まれてきたバッグ。せっかくですから、使ってあげたいものですね。