【買い取れない金券】

金券は換金率がいいため、常に買取店への持ち込みが多いアイテムです。
パーセンテージでの買取が多く、種類によっては率が低いものもありますが、総じて高めの換金率という印象があると思います。
しかし、その「金券」にも「買い取れないもの」があることをご存知でしょうか?

 

「『QRコード読み取り式』のもの」

近年増えている、QRコード読み込み式のもの。テーマパークの入場券にも多く導入され、以前のようなパンチ式ではなくタッチ式になっています。
中には「図書カードNEXT」のように、コードを読むことで残高がわかるものもあります。
これらは未使用かどうかの判断ができないため、多くの買取店では買取を中止しています。お客様から「有名レジャー施設のチケットを探しているのに、どの店も取り扱いがない」という話をよく聞きますが、実はそういうことなのです。

「カード型のギフト券」

音楽ギフトやネット通販ギフトで多い「登録式」も買取が難しいもの。
なぜなら使用・未使用をチェックするには登録しなくてはならず、かといって登録してしまうと買取店の所有物として登録されてしまうから、次のお客様につながらないのです。

 

「裏面に『店頭発行カード』表記があるクオカード」

いわゆる「コンビニなどで買ったクオカード」のこと。裏面スミにこの表記があるカードは、左下の英数字が「00」で始まっており、販売時にレジを通さないと使えるようにならない仕組み。
バックヤードからクオカードの盗難が相次ぎ、防止策としてそのようになったとのことですが、買取店はレジを通っているかどうかの判断ができないので、買取をおこなわないのです。

「期限切れのもの」

これはごく当然のことですが、ビール券などはもともと期限がなかったもの。それが発行を重ね、だぶつきや物価変動により、期限を設けるようになったものが多くあります。

 

「電子マネー式乗車券」

つまりは「Suica」や「Pasmo」など。好きな金額をチャージできるので「5,000円分入ってるから、それに近い金額で買ってください」という気持ちもわかります。
しかしこれらは残高が確認できない以前に、登録して手に入れる個人所有物。チャージ残高やデポジット金の返金も、原則的に本人解約のみ。そのため買取の対象にはなり得ません。

「使用しているもの」

たとえばテレホンカードなどは使った分だけパンチがあき、残金があることがわかりますが、金券は基本的に「未使用のみ」が買取対象です。
古くて使うことができないイメージになってきていますが、テレカやオレンジカードなどは未使用であれば買取できますよ!

「古い金券」

昔からある有名なギフト券などは、その時代ごとに新しい柄になったり、ホログラム印刷を導入したりと、常にデザインを変えています。またデジタル化が進み、金券自体が廃止されたものも多くあります。
それらは現在では使用できないため、買い取れなくなっているのです。

「状態のよくない金券」

完全に買い取れないわけではありませんが……真っ二つに折れてる、極度に丸まっている、保管状態がよくなかったので汚れている、といった金券は、買取店の先にある金券専門業者が扱わない場合が多いのです。そのため買取店でも買い取らないケースが多くあります。
あるいは大減額になる可能性もあり、金券特有の「何割計算」という対象ではなくなってしまうこともあります。
「店で使える」のは同じなので、可能なら売ってしまうよりも、使うことが一番です。

つまるところ「買取店の先にある金券業者が買い取らないものは、買い取れない」ということになります。

そのガイドラインは常に変わっているので、これ以外にも急に「偽造品が出回っているため、買取中止」となるものも多く存在します。
特にORコード式の金券は、いずれ買取可能になる可能性もないとは言えません。しかしQRコードのチェック媒体をどんなお店にも設置するなどは考えられません。急速に電子化が進んでいる中で、基本的にアナログ対応の金券すべてが買い取れるようになる予見も立ちません。

金券は、その多くが「いただきもの」だと思います。
どのお店もご不要であれば喜んでお買取しますが、やはり可能なら一番いい手段は「満額使用できて、いただいた方にも感謝できる『使うこと』」なのでしょうね。

質屋さんの上手な利用方法とは

不要になった商品を買い取ってもらうとき、リサイクルショップには気軽に入れるのに、質屋にはなんとなく入りにくい……という方が多いのではないでしょうか。そもそも質屋ってどんなところ? 質入れってなに? どうやって買い取ってもらうの? など、質屋に関するたくさんのギモンをお持ちの方もいるでしょう。今回は、そんなギモンを解決しつつ、質屋の上手な利用方法をご紹介します。

そもそも質屋ってなに?

「質屋」というのは、もともと「物」を預けて「お金」を借りるためのお店でした。例えば、着物を「質(担保)」として質屋に預け、お金を借ります。借りたお金には利子が発生しますが、借主は期日までに借りたお金と利子を合わせて質屋に返済することで、預けた着物を返してもらうことができます。

万が一、お金を返済することができなかった場合には、預けた着物が借金と利子の返済に当てられるため、借主は着物を手放すことで借金と利息を返済する必要がなくなるというわけです。これを「質流れ」と言います。

質屋の起源は古く、今からおよそ700年前の鎌倉時代までさかのぼり、昭和40年頃までは庶民がお金を借りる際の主力の方法だったと言われています。近ごろは、不要になった宝石やブランド品の「買い取り」や「販売」を行っているところも多く、質屋と言えばそういったイメージが強くなっているのが実際のところです。

 

質屋を利用する流れ

質屋は「質屋営業法」によって18歳未満の利用が禁止されています。また、お店によっては独自に20歳未満との取引を行っていないところもあるようです。

それでは、実際に質屋を利用するにはどうしたらよいのでしょうか。質入れしてお金を借りる際の一般的な流れは以下になります。

 

  1. 来店
  2. 品物の査定
  3. 融資額の決定
  4. 質契約の確認
  5. 本人確認
  6. 取引完了

 

取引を行う場合には、自動車運転免許証や健康保険証、パスポートなどの公的証明書と印鑑が必要ですので忘れずに持参しましょう。

質入れした際には「質札(しちふだ)」と呼ばれるカードが渡されます。これは、品物の詳細や借りた金額、利息、返済期日などの取引内容が記されたものですので、取引が終了するまで大切に保管しておきましょう。

その後、決められた期日までに借りたお金と利息を返済すれば、質入れした商品を取り戻すことができます。返済期日は通常3カ月のところが多く、期間が終了する前に経過した分の利息を支払うことで、返済期日を延長することも可能です。

 

質屋を利用するメリット

質屋は消費者金融からお金を借りるのとは異なり、信用情報機関に記録が残るということはありません。万が一返済できなかった場合には、質入れした商品を質流れすることで返済が不要になりますので、督促を受けたりする心配もありません。

また、あくまでも質入れする品物の価値だけしかお金を借りることができませんので、借り過ぎなどが心配という方は、無担保でお金を借りられるキャッシングよりも質屋の利用がおすすめです。

ブランド品や宝石などの査定を依頼する場合も、質屋であればプロが適正な買い取り価格を提示してくれますので、初めての方でも安心して取引ができます。

敷居が高かった質屋のイメージが、なんとなく身近なものになりましたでしょうか? 上記を参考に、質屋のしくみや特徴をしっかりと理解して上手に利用してみましょう。

【龍馬と質屋】

皆さん、坂本龍馬はご存じですよね?

大政奉還の立役者にして、貿易から政治まで大きな影響を与えた維新志士。
悲劇の暗殺で人生を閉幕するも、現在でも全世代から熱い人気を誇る歴史上のヒーロー。
日本人のほとんどがその名前を知り、また海外にもファンを持つ、あの坂本龍馬です。
実はその坂本龍馬の実家が、質屋さんを営んでいたってご存知でしたか?


龍馬の祖先は近江の国(現:滋賀県)の坂本城が落城した後、土佐へ逃れて長岡郡才谷村(現:高知県南国市才谷)に移り住みました。
そこで名字を持たない一般の百姓として農業を営んで生活していましたが、高知城下(高知市内)に移り住んで頭角を現した4代目が「才谷屋 (さいたにや) 」の屋号で質屋を開業。酒屋と呉服屋を兼業して豪商となり、5・6代目がますますお店を繁盛させていきました。
やがて龍馬の祖父、八平直海が「坂本」姓の初代として「坂本直海」を名乗って分家し、質屋の家督は次男の八次直清に引き継ぎます。
その坂本直海の曾孫にあたるのが、坂本龍馬。
つまり龍馬の実家は、質屋さんだったのです。


豪商として有名になった才谷屋は裕福で、龍馬はよく本を読んでいたそうです。
その頃の本は、そんなに安いものではありません。当時の塾で教わるだけでは知ることができない、同世代の子供が得ることのない知識を、龍馬は早くから吸収していたのでしょう。
もしかしたらお店に入っては出ていくさまざまな質草と、それを持ってくる多種多様な人々を観察していたのかもしれません。
やがて脱藩して罪人となり、その実家に帰ることはなかった龍馬ですが、その行動の基盤には幼少の質屋生活が反映されていた可能性もあります。
そんなことを考えると、質屋さんにもロマンを感じませんか?
坂本龍馬さえ籍を置いた、人生の交差点。それが「質屋」なのだと――。

なお、才谷屋は主な顧客だった士族が明治維新後に没落していったため、貸し倒れが続いて廃業してしまったそうです。
現在では近隣に一族の子孫が商売などをしており、才谷屋跡地では、やはり子孫にあたる方が喫茶店を営業していました(現在は閉店)。

その喫茶店の名前は――ズバリ「さいたにや」。
そして名物は「龍馬コーヒー」だったとか!

型落ち家電品の処分について

使わなくなった家電品は、買い取ってもらうことで臨時収入を得ることが可能です。とはいえ、家電品はめまぐるしく新製品が登場しますので、型落ちした製品には買値がつかないというケースも少なくありません。不要になった家電品は、どうやって処分したら良いのでしょうか。今回は、その方法について詳しく見ていきましょう。

 

ネットオークションで個人売買する

不要になった家電品をできるだけ自分の希望する金額で売りたいという場合には、インターネットオークションの利用がおすすめです。ただし、オークションというのは入札者がいて初めて売買が成立するものですから、希望の金額を設定していても入札してくれる人がいなければその家電品を売ることはできません。また、仮に落札者がいた場合でも、家電品を梱包して発送するには大変な手間がかかるということも理解しておかなければなりません。特に冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を売りたい場合には、どのように発送するのかを事前に決めておく必要があるでしょう。

 

リサイクルショップに売る

不要になった家電品がまだ使えるものであるのなら、リサイクルショップなどの中古品販売業者に買い取りしてもらうという選択肢もあります。全国展開している大手のリサイクルショップでは、自宅まで出張査定に来てくれるところも多く、わざわざ重たい家電品をお店に運ぶ手間も不要です。

商品の質によって買い取り金額は異なりますが、テレビや冷蔵庫、洗濯機などのように比較的人気のある家電品は多少古いものであっても買い取ってもらえる可能性が高くなります。ただし、いつでも同じ金額で買い取ってもらえるわけではなく、シーズンによって買い取り額が低くなったり高くなったりするなど買い取り額が季節によって左右されるため、売るタイミングを見極めることも大切です。

 

質屋の買い取りサービスは?

質屋でも商品の買い取りを行っていますが、不要になった家電品なども対象になるのでしょうか? 例えば、小型の掃除機や空気清浄機、アイロン、ノートパソコンやプリンターといったものは、新品であれば買い取りの対象となるところがほとんどでしょう。一方で冷蔵庫や洗濯機といった大型の家電品などは買い取りを行っていないところが多いようです。

また、質屋はリサイクルショップとは異なりますので、年式が古い型落ちの家電品については、買い取りの対象にならないことを理解しておきましょう。

不要になった家電品の買い取りや個人売買が難しい場合には、自治体の粗大ゴミ処理方法に従って処分します。ただし、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機は、家電リサイクル法に則って所定の費用を支払って処分しなければいけませんので、注意が必要です。

 

商品の入れ替わりが激しい家電品には、「売り時」というものが存在します。その時期を逃してしまうと、買い取り額が大幅に下がってしまったり、買い取りそのものをしてもらえなかったりしますので、できるだけ早く売るようにしましょう。

「偽装質屋」は「闇金融」です!

平成20年ごろから、質屋を装った「偽装質屋」というものが登場。
その存在は全国的に確認されており、摘発や家宅捜索の対象となっています。その「偽装質屋」とは何でしょうか?
また、何が問題なのでしょうか?

「質」は形だけ
一般的に「質屋」は、お客様が持参したお品物を預かって「その品物に見合った額」をご融資します。
金相場や中古相場、業者価格などから考えて「品物ごとの値段」を決定しているのです。
そのため現在の相場では数千円の価値になっている時計に、10万円をお貸しするといった「いわゆる信用貸し」のようなことはできません。
もしもそれで10万円のご融資をしてしまった場合、仮にお客様が悪い方なら「本当は数千円だから、10万円を借りたまま質流れにしてしまえ。9万円以上の得をする」ということができてしまいます。
そのため、もしも質流れになってしまった場合、質屋側の負債にならないよう限度額を決定しているのです。

ところが、偽装質屋は「どんなも

のにでも」高額融資をします。
数千円の時計でも、100円ショップで買ってきたポーチでも、販売できない状態の古いバッグでも、拾った何かでも。
手近な物や二次販売できないものにまで、数万円や数十万円の貸し付けをしてしまうのです。
しかし質屋が信用できる相手に特別にするような「いわゆる信用貸し」ともまた違います。

 

あり得ないほどの高金利

問題となるのは、その金利額。

質屋は管理コストなどもあるため、特別に法律で最大9.5%の質料を設けることが許されています。年利としては「最大109.5%」ですが、前述の「なるべく流れないように値段設定をする」こともあり、周囲との競合も発生するので、そこまで高い質料設定のお店は少ない傾向です。

偽装質屋はそれ以上の設定。150~300%ほどの年利を付加している店舗も多く実在しているそうです。これは月の利息で考えると、何と25%相当!
たとえば質屋で10万円を借りた場合、月利息は法律上最大9,500円のところを、300%の偽装質屋では倍以上の25,000円相当が発生してしまうのです。

※利息の計算方法
借りた金額 × 年利(金利) ÷ 365(1年) × 借りている日数(1月) = 利息

※10万円を年利300%で31日借りた場合
100,000円 × 300%(3.00と入力) ÷ 365 × 31 = 25,479円

しかしこの金利は、偽装質屋は10万円には設定しないでしょう。もっと低い元金のケースだと推測されます。
おおよそ偽装質屋は、年金生活者である高齢者を狙っています。高齢者の年金に目をつけ、長期的に搾取することが目的。そのため返せそうにない、無理が過ぎる利子はつけないのです。
年金収入は2か月に1回。となると1か月25,000円では5万円。払えなくなっては元も子もないので、150%程度に設定する。そうすれば利息は2か月で25,000円。元金と合わせて125,000円なら、2か月で15万円程度支給される年金から払える……と錯覚させてしまいます。
実は10万円の元金で考えればわかるように「この額なら、何とか返せそうだ」と思えてしまう部分が心理的なトリック。借りる方も貸す方も、基準は「年金収入」なのです。

 

年金手帳などを担保に預かる(違法行為)

しかし、質の仕組では「払えない場合、預けている物を手放して清算できる」はず。
明らかに利息が高く、リスクも高い契約なのに、それに頼る高齢者はなぜそれができないのでしょうか?
そもそも、なぜ足を運んでしまうのでしょうか?
実は、偽装質屋は法律で禁止されている「年金を担保にする」ことをおこなっているからです。

偽装質屋のターゲットは「年金生活者」。
高齢者は少ない年金だけでは足りないため、どこかでお金を借りたいと思っても、高齢で年金以外の収入がないため、どの消費者金融にも断られてしまいます。
しかし怪しげなチラシや看板で目にした「80歳までご融資可能」などの文字につられ、「○○ファイナンス」といった看板を掲げたビルの一室に足を運んでしまうのです。
(偽装質屋は免許を持っていないため「質」を名乗れません。また、何かあればすぐに退去できるビルの一室などに居を構えることが多いようです)

そこで待っているのは、次のひとこと。
「必要な額をお貸ししますから、質屋の形で何かを預かります。何でもいいです」
そこで価値の薄い腕時計や100円ショップで買ったものなどを持ち込み、その品物に見合わない額を貸し付けます。
2か月に1回の年金収入で返せる計算をして、10万円前後を借りていく。または冠婚葬祭などの急な出費として7~8万円を借りていく。これは前述のように、借りる側も貸す側も年金収入から計算します。
そこで必要なものが、以下の4つ。

(1)年金手帳
(2)通帳
(3)印鑑
(4)キャッシュカード

どれも人に渡してはいけないものばかりですが、この4つを偽装質屋は担保として預り、また口座引き落としの登録に使います。
くりかえしますが、労災年金を担保にお金を借りることは法律違反です(労災保険法第12条の5)。
しかし一時金が必要な高齢者は「もう散在する歳でもないし、すぐに返せるから……」と感覚が麻痺して、唯一の収入源を「担保」にしてしまうのです。

 

どうやって返済するの?

きちんとした質屋では品物を出す際、原則的に「本人が店頭で現金を支払う」ことで出せます。
預りの延長(再契約)だけの場合は、代理人や振り込みでも可能なことが多いです。
しかし偽装質屋は、途中で出すことも延長も、何も関係ありません。
なぜなら「年金支給日に、自動的に口座から『元金+利息分』の額が引き落とされる」からです。
これは初回に登録されてしまっているので、借りた本人にはどうにもできません。

そうなると、利用者は手もとに入るお金が少ないので、また偽装質屋にお金を借りてしまう。
しかし借金は自動的に返済されたので、心理的に借りやすくなっている――という錯覚に陥るように、偽装質屋は金額を設定しています。
そのため年金支給額の8~9割の計算になる融資額+利息に設定し、延々と利用されるように仕組まれています。何とか返せる額なのでループして利用してしまうようですが、本当は高額な利子分だけ、2か月の生活費が切迫され続けているだけなのです。
それを断ち切るには「引き落とされたら、そこで契約を終了させる」ことですが、これも難しいようです。
最初に預けた品物が価値の薄いものなので「返してもらうよりも、同じ額を借りた方がいい」という錯覚に陥る。そしてまた借りてしまう。そのたびに、払った利息だけが累積していく。
潤っているのは、偽装質屋だけ……。

このように、偽装詐欺の手口は巧妙な「錯覚の多重構造」になっています。
しかし年金生活者にとっては「生活できないわけでもない」ので、利用を続けてしまうのです。
本当は利用しなくても生活できていたり、ほかに頼れる場所や人があったはずなのに、間に合わせのお金を求めてしまったがために……。

 

何より「周知させること」が大切

こうしたことは、ネット検索すればすぐにわかる時代。
しかし問題なのは「年金生活者がインターネットを利用しない」ことです。
スマホ検索でも可能なのですが、スマートフォンを持っている年金生活者ほとんどが「電話、メールもしくは連絡用SNSアプリ、写真の撮影と閲覧」ぐらいしか使用していません。そもそもスマホで「調べもの」ができる感覚がないため、調べようという気さえ起きないのです。

そのため重要なのは、何より「教えてあげること」。
周囲が気づけば、利用する前に利用してはいけないと教える。利用していることがわかったら、ヤミ金だと教える。それでも利用を続けるなら、弁護士に相談。

全国に弁護士会の相談窓口があり、多重債務の相談は無料です。弁護士を利用すれば、交渉や支払い停止、過払い金の要求などができます。
偽装質屋は法定以上の金利に加えて保険証を預かるなど、立派な違法行為。警察への相談も躊躇せず、早めに検討すべきでしょう。摘発につながるかもしれません。