在庫品の上手な処分方法について

小売店やネットショップなどを運営している場合、大抵の場合は在庫を抱えることになります。上手に販売することができれば不要な在庫が発生することは避けられますが、不良在庫と呼ばれる不要な在庫が出てしまった場合は、早めに処分しなければ資金繰りにも悪影響が出てしまいます。

今回は、不要な在庫の賢い処分方法をご紹介します。

 

在庫品が出る場合とは

売れる見込みのない商品が倉庫で大量に眠っている……古い商品が売れ残り新しい商品を置く場所がない……など、不要な在庫が出てしまう場合があります。特に、流行の早いブランドアイテムや、型落ちすると売れにくくなる家電などでは、シーズンが終わってしまえば抱えている在庫を通常の価格で販売することは難しくなるでしょう。

販売動向と在庫状況を常に把握することにより、不良在庫は避けられますが、オーナーでもそれを把握しておくことは簡単なことではありませんし、やむを得ない事情から在庫が蓄積されることも珍しくありません。やむを得ない事情としては、顧客からの返品やキャンセルが出た場合、カラーやサイズが豊富すぎる商品、販売期間が限られる季節商品などが考えられます。

また、在庫切れが不安で見込みよりも多めに仕入れてしまってはいませんか? 大量に仕入れるとそれだけ割安になるケースもありますし、リアルタイムでお客様が手に取るオフラインショップでは特にやりがちですが、それが不要な在庫を招く原因となります。

 

 

家電リサイクルで処分

Recycle diagram 3d concept isolated on white

不良在庫を処分する方法は様々ですが、家電の場合は家電リサイクル法にのっとって処分しなければなりません。

家電リサイクル法とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機から有用な部品などをリサイクルするというもの。廃棄物を少なくし、資源を有効活用する目的があります。

小売業者は家電リサイクル券に必要事項を記載し、処分する家電を製造業者や指定法人に引き渡します。

在庫処分に関わらず、上記の家電を販売している場合は、販売した一般家庭から廃棄の申し出を受けなければならないため、家電リサイクル法の正しい知識を身につけておきましょう。

 

 

ネットオークション、買い取りサービスを利用

処分するとはいえ、お金のかかる処分方法や利益にならない処分方法はなるべく避けたいもの。なるべく高く処分するためには、ネットオークションか、買い取りサービスという手があります。

ネットオークションは、小売業者がよく利用する方法です。

ネットオークションでは販売者が価格を決めることができ、人気商品であれば自然と価格が吊り上がる、運がよければ高値が付く方法です。しかし運がよければの話で、売り残るリスクも大きいといえるでしょう。

買い取りサービスは、その商品の価値を見極め適切に値がつけられる処分方法。売れ残りの心配はほぼありませんが、型落ちの商品は早めに買い取りをしてもらわないと値が下がってしまいますので、在庫処分は早め早めをおすすめします。

余ってしまった在庫をなるべく高く処分するためには、買い取りサービスがおすすめ。質屋でも買い取りをしていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

家庭でもできる金具まわりの「青サビ」ケア

革製バッグを長期間保管していると、鋲などの金具まわりに緑青色した「青サビ」が浮いてきます。

これは金具に使われている真鍮や銅の性質によるもので、放置すると増えて広がってしまいます。さらにバッグの生地に付着してしまった場合、布などは青い汚れがついて取れなくなってしまいます。
そうなる前の、青サビのケア方法をご紹介します。

青サビが浮いた程度の比較的初期であれば、綿棒でこするだけで取れます。ただし周囲に触れると、その部分の布に付着して取れなくなってしまうので要注意。
両端を使用し、もったいないと思わず1ヶ所を拭いたらその先端は使わないのがポイントです。くりかえし使うと、慣れないうちは周囲の布に付着させてしまう可能性があります。
バッグを乾拭きでお手入れをする際など、いっしょに綿棒で金具まわりや表面を拭けば簡易的な青サビ予防にもなります。

青サビが広がってきている場合は、爪楊枝を使います。少しだけ力を入れ、金具の周囲をぐるっと回すようにすれば青サビは簡単に取れます。
それを取り去るときは、爪楊枝から落とさずにティッシュに落とすか、青サビを浮かせた状態からフッと息を吹きかけて飛ばします。指で取ると指に汚れが付着したり、バッグ内部についてしまったりします。布部分についてしまったら、すぐに吹き飛ばしたり逆さまにして落とすこと。指でつまもうとして広げてしまうと、かなり落ちにくくなるので要注意です。
爪楊枝を使う場合に気をつける部分は、力の入れ具合と角度。力を入れすぎたり、爪楊枝先端の鋭利な部分を周囲にあてると、金具周囲の革素材を傷めてしまいます。金具まわりのなぞり跡がついてしまうことも多々あるので、慣れないうちは無理せず、少しずつ取りましょう。
やはり爪楊枝をもったいながらず、取り替えながら何本も使うことが大切です。青サビが少なくなったら、取れた青サビを落下させずに済む綿棒に持ち替えましょう。

重層や市販のクリーナーを使って落とす方法もありますが、金具のまわりの素材を傷めたり変色させてしまうので、手先のテクニックに自信がない方にはおすすめできません。特にレザー素材は変色する可能性が高いので、要注意です。
また、青サビは湿気などから発生しているため、水拭きなどは厳禁。より青サビの発生率を高め、逆効果になってしまうこともあります。

清掃後は、ファスナーをあけたまま風通しのいい部屋に置き、金具まわりや内部を陰干ししましょう。すべての原因は湿度が高い日本の気候や、押し入れ・クローゼットの保管による「湿気」です。普段から使っていれば、適度に風が入って青サビが浮くことはあまりありません。
愛着をもって大切にしまっておく気持も大切ですが、何より、使われるために生まれてきたバッグ。せっかくですから、使ってあげたいものですね。

ブランド品を鑑定したい場合、どうすればいい?

手に入れたブランド品を鑑定してもらいたいときには、どのような場所で鑑定してもらえばいいのでしょうか?

 

ブランドの鑑定書とは

ブランド商品の人気が出れば出るほどに、残念ながら精巧なコピー品も出回るようになってしまいました。素人目にはなかなか区別できないほどの出来で、自分の大事なバッグが買い取りをしてもらうときにようやくコピー品だと知ることも珍しくありません。また、オークションに出品する際に本物であることを証明したい、という方もいるでしょう。

「ブランド鑑定士」なる職業の方が「鑑定書」を発行するサービスが存在しますが、最終的な真贋を決めれるのはブランドの正規店のみになりますので信用しすぎにもご注意ください。

 

鑑定できる場所

所持しているブランドが本物か否かを確かめるために正規店に持ち込む人もいるようですが、正規店では鑑定は扱っていません。その場で断られてしまいます。

しかし、リペアに持ち込むことで本物かコピー品かを知ることはできます。コピー品ではリペアは受けつけてもらえないため、すぐに断られるでしょう。

 

 

質店や買い取り店で査定してもらおう

適切な価値を査定するためのプロが在籍している買い取り店であれば、正しい査定をしてくれます。

 

本物であれば相応の値段がつきますが、コピー品だったときは値段が付かず、買い取ってもらうことができません。まずは見てもらうだけでも、本物かコピー品かということはハッキリするでしょう。また、傷や汚れがある、付属品がなくなっているなど、自分では気付かなかったことなどに気付くことができます。

正確な査定をしてもらうためにも、取り扱いブランドや、お店の実績などをきちんと確認してから依頼しましょう。

所持しているブランド品の価値を確かめるためにも、一度プロに価値を査定してもらってはいかがでしょうか?

バッグにカビが生えたときの対処法と予防策

ある日ふと、大事にしているバッグにカビが生えていることに気付いたら余計にショックですよね。普段あまり使わずに押し入れにしまっているものも、カビが生えやすいので注意が必要です。では、カビはなぜ生えてしまうのでしょうか? その原因とカビ対策についてもご紹介します。

 

バッグにカビが生える原因

カビは、ほこりと同じように空気中に存在するものです。バッグは外に持ち出すものなので、毎日の使用で空気中や土壌に含まれるカビが、知らない間にバッグの表面に付着しています。

カビは温度25~30℃、湿度80%以上という環境でよく育ち、風通しが悪いとさらにカビの増殖は活発になります。

そのため、カビが付着したバッグのお手入れをせず、そのまま押し入れやクローゼットにしまうことにより目に見える程のカビが発生してしまうのです。カビが表面に付着して芽を出すと、繊維の中まで入り込んでしまうため、乾拭きで拭っただけではカビを除去することはできません。

特に、皮革バッグにはカビのえさとなる植物タンニンや油脂が含まれ、カビが好む皮革用クリームが付着しているため、皮革バッグはカビが生えやすいといえるでしょう。大事なバッグにカビを寄せ付けないためにも、日頃からお手入れや保管方法に気をつけましょう。

 

カビが生えたときの対処法

もしもバッグにカビが生えてしまったら、このような方法を試してみてください。

 

・天日干し

カビの被害がまだ少ないようでしたら、天日干しで綺麗になる可能性があります。太陽の光に含まれる紫外線には、カビを撃退する作用があるといわれています。

まずは固く絞った布でバッグを拭ってから、日の当たる場所で天日干しをしましょう。日焼けをしない程度まで天日干しをしたら、仕上げにクリームを塗ってあげましょう。

 

・消毒用エタノールを使う

薬局でも販売されている消毒用エタノールを使用します。消毒用エタノールには殺菌効果があり、カビも撃退することができます。

 

消毒用エタノールを布に含ませ、カビが生えている部分を軽く拭き取ります。色落ちをする場合もあるので、必ず目立たない部分で試してから使用しましょう。エタノールでしっかり拭き取ったら、クリームなどを塗って仕上げます。

 

・重曹を使う

今や大掃除に欠かせない存在となっている重曹は、カビ取りにも活躍してくれます。まずは軽く濡らした布に重曹をつけ、カビが生えている部分を優しく拭き取ります。そのままだと白く残ってしまうので、酢と椿油を混ぜて水で薄めたものを布に取り、油分を与えましょう。椿油は、オリーブオイルでも代用できます。

 

カビを防ぐ方法

一度カビが生えてしまうと、お手入れには時間がかかります。もしかしたら、カビが除去できない場合もあります。そうならないためにも、日頃からカビが生えないよう対策をしておきましょう。

 

・濡れた場合はそのまま保管しない

カビは湿気を好みます。雨で濡れてしまった場合、そのまま押し入れなどにしまってしまっては、カビの繁殖は防げないでしょう。濡れたバッグはそのまま保管せず、風通しのいい場所でしっかりと乾かしてから保管するようにしましょう。

 

・保管場所の環境に気をつける

押し入れやクローゼットなど、保管する場所の湿度に気をつけましょう。特に梅雨時にはカビが好む環境になりやすいので、除湿剤を使用するなどして、保管場所をカビの好む環境にしないことが大切です。

 

・下にはスノコを敷こう

湿気は、上から下へ降りてきます。押し入れやクローゼットの下部分に行き場がないと、湿気は溜まる一方。湿気を効率よく逃すためにも、押し入れなどの床にはスノコを敷くようにしましょう。

 

・日頃から点検しよう

ひとつのバッグを毎日使っている人もいるかもしれませんが、いくつかのバッグを使い回している人もいるでしょう。そんな人は、使っていないバッグを押し入れやクローゼットにしまいっぱなしにするのではなく、カビを繁殖させないよう日頃から点検をすることが大切です。あまり使っていないものも、押し入れなどから取り出して風通しのいい場所に一日置いておきましょう。

大事なバッグを長く使うためにも、カビ対策は徹底しておきましょう。ぜひ上記の方法をお試しください。

余剰在庫を抱えるリスクと一括処分方法

商売をする上では在庫は重要なものです。しかし、在庫があればある程いいというわけではありません。それを知らないと、損をすることにもなりますので、「余剰在庫」とそのリスクについて知っておきましょう。

余剰在庫とは

最近では在庫を持たないネットショップも増えてきましたが、お店を運営している場合は大抵在庫を抱えるものです。整理もできないほど在庫が多すぎる場合、流行が過ぎ去っても売れなかった場合、食品の場合は賞味期限が切れてしまった場合などが、余剰在庫に当たります。

繁忙期では在庫が追いつかなくなったり、製造業では在庫が少ないことで納期を守ることができなかったりと、在庫を少なくすると経営がダメージを受けるケースも考えられますが、必要ないのに余剰在庫を抱えることはありません。

余剰在庫を抱えるだけで人件費や管理費などがかかることがほとんどですし、賞味期限や流行が過ぎてしまうと販売することもできません。価格を下げれば売れるかもしれませんが、売れば売るほど赤字になることも考えられます。きちんと在庫を管理し、余計な在庫は持たないようにすることがスムーズな経営につながります。

また、どうしても余剰在庫が出てしまった場合は、質屋や専門店などになるべく早めに買い取りをしてもらうか、処分するしかありません。

 

家電リサイクルで処分

特に在庫を抱えがちなのが、電化製品です。

電化製品はブームになれば飛ぶように売れるものではありますが、その代わり型落ちすると買い取り値がつかなくなります。値下げをしても売れないものは、処分するしかないでしょう。

ただし、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷蔵庫」「洗濯機・衣類乾燥機」などの「家電リサイクル法」で定められているものは、粗大ごみとして処分できず、有用な資源としてリサイクルしなくてはいけません。

小売業者の場合は、製造業者等に引き渡します。製造業者であれば、自らが製造した電化製品を「家電リサイクル法」に基づいた定められた方法でリサイクルします。

 

買い取りサービスは難しい

家具や貴金属などは、買い取りサービスなどに高値で買い取ってもらえるケースが多いのですが、型落ちした電化製品は、買い取りはなかなか難しい場合が多いです。

なぜなら、家電は頻繁に新しいモデルが発売されており、すぐに型落ちとなってしまいます。目安としては、発売されてから3年程度で査定額はぐんと下がります。

もうちょっと置いておこう、次の棚卸のときに……などと考えている間に、ぐんぐん値段が下がっていくので、赤字にしないためにも、余剰在庫となってしまった家電はなるべく早めに手放す必要があります。

型落ちしてしまった家電や、年数の経ってしまった余剰在庫を処分する際には、余剰在庫に強い質屋や買い取り業者、不用品回収業者、ネットオークションなどを利用するといいでしょう。

家電の場合は、時期を逃すと大幅に値段が下がってしまうことが考えられます。新商品が発売されるなど型落ちが予想される場合は、早めに買い取りをしてもらうといいでしょう。