節税にもなる!?生前贈与の方法と注意点

親が亡くなってその財産を相続した場合などに発生する「相続税」。相続税は累進課税ですから、相続する財産が多ければ多いほど税率が高くなります。そこで、相続税の節税対策のひとつとして注目されているのが「生前贈与」です。今回は、生前贈与の仕組みと効果的な活用方法について詳しく解説していきます。

 

生前贈与ってなに?

「生前贈与」というのはその名の通り、生きている間に財産を譲る(贈与する)ことを意味します。では、生前に財産を贈与すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

例えば、親が亡くなってから子どもがその財産を相続する場合、相続する財産に対して相続税が課税されるのですが、累進課税である相続税は相続する財産が多ければ多いほど支払う税金が多くなります。しかし、本来親が亡くなった後に相続する予定であった財産の一部を、親が生きている間に贈与してもらうことで、相続税の対象となる財産を減らすことができるのです。

 

生前贈与の方法

では、実際に生前贈与を行うにはどうすれば良いのでしょうか。生前贈与にはいくつかの方法がありますが、今回はその中でも最もスタンダードな贈与税の「基礎控除」を利用した生前贈与について見てみましょう。

財産を相続すると「相続税」が課税されるのと同じように、生前贈与も金額によって贈与税が発生するケースがあります。贈与税の基礎控除額とは、贈与税が課税されない範囲のことで、1年あたり110万円までであれば贈与税を課税されることはありません。

例えば、この基礎控除額の範囲である100万円を親が子どもに毎年贈与し、これを10年間続ければ1000万円の相続財産を生前贈与することが可能になります。子どもが3人いた場合には合計で3000万円の相続財産を減らすことができる訳ですから、節税効果が大きいことが分かります。

 

生前贈与の注意点

贈与税の基礎控除額の範囲内で生前贈与を行う際には、注意すべきことがいくつかあります。そもそも贈与というのは、贈る方と贈られる方の双方が合意して初めて贈与と認められるため、親が子どもの将来のために内緒で毎年100万円の貯金をしていた場合には、贈与の扱いになりません。

また、「毎年同じ金額」を「同じ時期」に贈与した場合も、「定期金に関する権利の贈与」つまり、「○年間にわたり毎年○万円ずつの給付を受ける権利を贈与された」と判断されることがあり、例え毎年の贈与額が110万円以下だった場合でも贈与税が課税されてしまうケースがありますので注意が必要です。このようなことを踏まえ、生前贈与を行う場合には以下のポイントに気をつけましょう。

 

贈与するたびに「贈与契約書」を作成する

贈る側と贈られる側の双方が合意していることを証明するための書類です。

 

贈与の金額と贈与日は毎年変える

定期金に関する権利の贈与と判断されないためにも、贈与する金額や日付を毎年変えておくと安心です。

 

銀行振込で証拠を残す

贈与した日付と金額を証拠として残すためにも、現金の贈与には銀行振込を利用しましょう。ただし、その場合は贈与を受ける本人が口座を開設し、通帳や印鑑、カードの管理も贈与を受ける本人が行います。

 

贈られる側の負担をなるべく減らしたい……と考える方もいらっしゃるでしょう。贈与税は贈ったものの価値に対して課税されるため、例えば宝石を子どもに贈った際もその価値が110万円以上であれば課税対象となります。そういった場合には、質屋を利用して宝石などを正当な価格で買い取ってもらい、110万円以内で現金贈与する方法がおすすめです。

まずはスッキリと暮らすためにも持ち物の断捨離をして宝飾品やブランド品などは質屋さんなどの無料査定を依頼して現時点での価値を把握しておくといいかもしれません。昔に買った金製品などは相場の高い今が整理・相続するチャンスかもしれません。

貴金属の「原価」をご存知ですか?

宝飾店で女性たちを虜にする、貴金属。身近なものでは結婚指輪からピアスまで、貴金属を材料としたアクセサリーは昔からの定番です。
主に、どの買取店でも扱っている「金・プラチナ・シルバー」が貴金属の代表的存在ですね。

ではこれらの貴金属に「原価」があることはご存知でしょうか?

 

円高や円安、為替などさまざまな要素の上昇や下降により、貴金属はその日の相場が決まります。
それを貴金属業者が金の純度ごとに発表し、それぞれグラムあたりの貴金属相場が決定します。
そうして金・プラチナ・銀すべては「グラム計算の原価」ができるのです。
最近で見ると、「24金インゴット(延べ棒)」の買取価格はグラム5,600円前後を行き来しています。

 

そこから金含有率が75%と比率が低くなる18金は、75%の価格になります。
仮に数字をわかりやすくキレイにして、「グラム4,000円」だとしてみましょう。
そうすると、女性が身に着けやすい2g程度のネックレスの原価は何と「8,000円」!
男性のリングは太めですが、5gのリングだとしても「20,000円」!!
もしも14金や10金など、より純度が低い場合は貴金属価値が下がり、原価はもっと安くなっていきます。シルバー(銀)など、実はグラム数十円の世界です。
金相場はあくまでグラム計算なので、原価計算にはデザインや状態などは無関係です。
そのため、貴金属業者につながる買取店は、原価を基準としたグラム計算が基本なのです。

 

それでは、宝飾店の店頭に並んだ新品ジュエリーはどうでしょう?
小さなリングや軽いネックレスでも数万円、ブランド品であれば数十万円や数百万円が当然のように値段として設定されています。また、金相場ではグラム計算が基本ですが、商品のグラム数を明記している宝飾店はほとんどないと思われます。原価がその程度なのに、なぜ高いの?
そこには、原価の貴金属素材から商品として提供される間にできた「見えない価格設定までのプロセス」があります。
たしかに、原価はグラム計算では数千円から数万円程度かもしれません。しかし数グラムの金素材だけを手に入れても、アクセサリーになっていないそれを、そのまま一般のお客様が購入してくださるはずがありません。
そのためには「貴金属素材を商品にする」ことが必要です。

 

貴金属素材をもとに、アクセサリーのデザインをする。有名デザイナーはデザイン料がとてもかかります。
そのデザインをもとに、貴金属を加工する。機械だけではない細かい職人作業は、より労働コストがかかります。
直接的ではなくても、何事にもそれらの間を運送する人件費や燃料費などのコストも発生しています。
そうして商品となり、最後に届いた宝飾店で完成品を販売します。しかしお店側も人件費や運営費などを含めて利益を計算するため、すでにコストが重なっている商品に「最後のコスト」をかけて販売するのです。従業員の給料や必要経費だけでなく、高級デパートに入っているお店などは多額の店賃(家賃)も発生していることでしょう。
これらがひとつでも欠けると、商品として流通できません。そこには必ず「それぞれの作業を担当する人」がいて、「それぞれの賃金や仕事上の利益」が発生しています。
それらのコストを重ねることで商品となり、原価は「商品代」になっていくのです。これらがひとつでも欠けると、それは商品として世に流通することはありません。
つまり、店頭に並んだ商品の価格は、もともとの原価に「その商品を販売までつなげていった人たち」の労働力や利益を加算した価格なのです。そのため原価からは算出できない価格になっています。
たとえば原価が安い銀素材でも、有名デザイナーや有名ブランドが販売するものはデザイン料から加工、店舗までのコストに加え、委託料やブランド使用料などが加算され、経費が非常にかかっているので、販売店では高額になることが多いのです。これは、実はダイヤモンドも同様です。
もしも原価そのままの価格でアクセサリーを手にしたいなら……デザインから製造まで、すべて自分でやるしかありませんね。
近年、10金や12金など、純度が低めの金アクセサリーが多くなっていると思いませんか?
それは「原価を安く抑えることで、販売額を安くする」目的があります。そうすることで18金やプラチナには手が届かなかった購買層からも、プチご褒美やプレゼントとしての購入が増えています。

 

その原価が顔を出すのが、不要になって持ち込んだ買取店。
買取店はもれなく、原価を基準とした金相場から、さらに自店利益を確保した額でグラム計算します。そのため原価が顔を出す計算となり、購入額との開きが大きく出ます。
「買った時は高かったのに……」という声がよくありますが、その購入額は当時の原価をもとに、商品になるまでの見えない多くのプロセスが重なったもの。そのためあくまで「購入時の値段」なのです。
しかし考え方を変えれば、どんなに古くても壊れてしまっても、貴金属であると判断できれば「素材としての原価買取」が可能とも言えます。これはボロボロに使用不可能になってしまったバッグなどでは考えられない、貴金属の強みです。

 


今はめている指輪も、実はたくさんの人によって作り上げられたもの。
そう考えると、ありがたみが湧きませんか? さらに買った人や愛用していた人の想いは、それ以上に大きく深いものでしょう。
「アクセサリーには思い出がこもっている」とはよく言いますが、深まりすぎたその思いを解放してあげるのも、アクセサリーへのひとつの礼儀なのかもしれません。
そのため使用することや、眠らせることが辛くなったら、買取店に持ち込むのも悪くないと思います。
そのアクセサリーは再び素材となり、またさまざまな人の思いを背負って、新しく生まれ変わっていくことでしょうから……。

 

質屋とキャッシングはどちらがお得?

冠婚葬祭や事故、病気など、生活をしていると思いもよらない出来事でまとまったお金が必要になることがあります。人によっては手持ちのお金がない! なんてケースもあるでしょう。こういったピンチを切り抜ける方法のひとつに、「質屋」や「キャッシング」でお金を借りるというものがあります。ここでは、その仕組みとそれぞれの特徴を詳しく解説していきます。

質屋でお金を借りる

質屋の起源は鎌倉時代までさかのぼり、昭和40年ごろまでは庶民融資の主力でした。近ごろはどちらかというと、不要になったブランド品や宝石などを「買い取ってもらって換金する」イメージが強いため、質屋でお金を借りられるということを知らない方も少なくありません。では、実際に「質屋でお金を借りる」とはどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

質屋ではその名の通り、宝石やブランド品といった自分の持ち物

を「質(担保)」としてお店に預け、その価値に見合ったお金を借りることができます。もちろん借りたお金には利息が発生しますが、決められた期日までに借りたお金と利息を合わせて返済すれば、預けた物を返してもらえるというわけです。もし期日までにお金を返済できなかった場合には、「質流れ」と言って、預けた物が借りたお金の返済にあてられるため、借金は利息も含めて返済の必要がなくなります。

 

キャッシングでお金を借りる

「キャッシング」は、消費者金融の窓口やATMなどからお金を借りることができるサービスを指します。キャッシングを利用するためには審査に通る必要があり、借りられる金額も所得などに応じて上限が決められています。

質屋でお金を借りるには「質(担保)」が必要なのに対し、キャッシングは担保を必要としないのが一般的です。その代わり、返済が滞った際には督促があったり、最悪の場合には財産や給与が差し押さえされたりということもあります。

また、キャッシングを利用するとその記録が信用情報機関に残りますので、万が一返済が滞ってしまったときには、自身の信用情報に傷が付くことになるため注意が必要です。

 

質屋とキャッシング、どちらがお得?

急なお金が必要になってしまったとき、質屋とキャッシングのどちらを利用する方がお得なのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

質屋でお金を借りるメリット

  • 信用情報に記録が残らない
  • 返済できなかった場合には、質(担保)を手放すことで借金がゼロになるため、督促や取り立てがない
  • 質に入れる物の価値以上のお金を借りることができないので、借り過ぎの心配がない

 

質屋でお金を借りるデメリット

  • 金利が高い(キャッシングと比べて上限金利は5倍以上)
  • 金利が高いため、返済が遅れると支払総額が大きくなってしまう

 

キャッシングでお金を借りるメリット

  • 無担保でお金が借りられる
  • 質屋と比べて金利が安い

 

キャッシングでお金を借りるデメリット

  • 信用情報機関に返済が遅れた記録が残ってしまう
  • 事前の審査が必要
  • 返済が遅れると督促があり、給与や財産が差し押さえられることもある

 

自分の所有物を担保にお金を借りる質屋のシステムは、お金を借り過ぎてしまったり、返済が遅れて信用情報機関に記録が残ったりする心配はありません。もし急にお金が必要になった場合、キャッシングと比べると安心な面が多いと言えるでしょう。

宝石によって異なるジュエリーのお手入れ方法

お持ちのジュエリーは、定期的にお手入れをしているでしょうか? お手入れをすることで、より美しい輝きを持続させることができますので、ときどきお手入れをしてあげることをおすすめします。

しかし、ジュエリーによってお手入れ方法が異なりますので、注意しましょう。こちらでは、ダイヤモンド、真珠、その他の色石に分けてお手入れ方法をご紹介します。

 

ダイヤモンドのお手入れ方法

ダイヤモンドは、世界一硬いといわれ

ているジュエリーです。ひっかき傷はつかないといわれていますが、油がつきやすい性質を持っています。ダイヤモンドの輝きをより引き出せるよう、汚れを綺麗にしましょう。

お手入れを始める前に、まずは爪がしっかり固定されているかを確認します。つまようじなどでつついてガタガタする場合は、ご自分でのお手入れは危険。お手入れ中にダイヤモンドが外れてしまう可能性があるので、ジュエリーショップで修理を依頼しましょう。

お手入れの基本は、使用したらその都度拭ってあげること。眼鏡拭きなどの柔らかい布で、優しく表面を乾拭きします。

さらに美しくお手入れしたいという場合は、歯ブラシを使うといいでしょう。歯ブラシで優しくブラッシングし、特に爪と石の間などは汚れがたまりやすいので丁寧に磨いていきます。これでも汚れが落ちない場合は、中性洗剤を2滴ほど垂らしてから歯ブラシで磨きましょう。

磨いた後は、ぬるま湯でよくすすぎます。洗剤が残らないよう、念入りにすすいでください。

 

真珠のお手入れ方法

真珠はダイヤモンドとは違い、硬いジュエリーではありません。何よりも保管状態が重要といえます。ほかのジュエリーとぶつからないように分けて、湿度が一定に保たれるタンスの中などで保管しましょう。

真珠は炭酸カルシウムで、化粧品や皮脂などの油が付着したまま放置していると、表面の炭酸カルシウムが溶けてしまう恐れがあります。真珠もダイヤモンド同様、使用したら拭いてから保管することが基本。柔らかい布で、汚れや油を拭ってから保管しましょう。

真珠は水洗いをしてはいけない、という説もありますがこちらは賛否両論。乾拭きで落ちない汚れがある場合は、そのままにしておくより中性洗剤を使用して汚れを落とした方がいいでしょう。ただし、つけ置き洗いは絶対にしないようにしましょう。

 

ほかの色石のお手入れ方法

ジュエリーは、一度身に着けたら拭ってから保管することが大切です。柔らかい布や、ジュエリー専用のクロスなどで丁寧に乾拭きをしましょう。

もっと本格的にお手入れをしたいという場合は、超音波洗浄もおすすめです。ブラシなどで落としにくい汚れも、超音波で振動を与えることで浮き上がらせ、除去します。ただし、超音波洗浄に向かないジュエリーもあるので、事前に購入先に確かめて行いましょう。

特に、トルコ石、さんご、オパール、琥珀などは比較的硬度が低く、ほかのジュエリーよりも傷がつきやすいといえます。丁寧に優しく乾拭きをして、ほかのジュエリーとぶつかることのないよう分けて保管しましょう。

お手入れは美しい輝きを保つためには大変重要ですが、まずはご自分のジュエリーの種類を確かめることが大切です。種類を知り、正しいお手入れを心掛けましょう。

腕時計のお手入れ方法

日々、身に着けている腕時計。ほぼ毎日使用している方が多いでしょうから、汚れや汗などが知らず知らずのうちに付着しています。
そのまま放置してしまうと付着した細菌が繁殖し、サビやカビを発生させてしまう可能性があります。そこまでいってしまうと時計屋さんの修理扱いになってしまったり、動作上の問題を起こしてしまうこともあります。

毎日おこなうのは大変ですから、1週間や1か月など期間を決めて定期的にメンテナンスしましょう。そうすれば、ある程度クリーンな状態を保てます。
今回は、その方法を場所や材質ごとにご紹介します。

【風防ガラス】

・多くの汚れは軽いもの。「ファイバークロス(めがね拭き)」で拭きましょう。風防は平面あるいは角度をつけたガラスですから、メガネと同じ要領で汚れが落とせます。
クロスは量販店やコンビニでも売っていますし、小型の物はメガネ屋さんでお願いすればもらえます。
・強い汚れは「除菌シート」で拭き落としましょう。その後、必ず乾拭きを忘れてはいけませんが、ティッシュで叩いて水分を吸いこむように、やわらかく拭くことがポイント。強く拭くとメガネと同様、こまかい走りキズがついてしまいます。
【ケースのすきま、ステンレスのベルト】

・まずは「除菌シート」で拭いて、大きな汚れを取りましょう。
・段になっている部分や、すきまは「綿棒」で汚れをかき出しましょう。先が細い「ベビー用綿棒」があれば、なおさらオススメです。
・コマのすきまなど、狭い部分は「爪楊枝」を使いましょう。ティッシュで先端を覆って汚れをかき出すと、そのままティッシュに汚れを落とすこともできます。やわらかい素材の「歯間ブラシ」を使う方法もあります。
・一気に汚れを落とすには「腕時計専用のブラシ」を使う方法もありますが、なければ「やわらかい素材の歯ブラシ」でも代用できます。しかしキズ防止のため、材質に注意が必要です。
・もしもご自宅に「超音波洗浄機」があれば、ベルトを外してしばらく洗浄するだけなので簡単です。ただし、別途、ベルトをケース部分から外すための工具が必要になります。

またムーヴメントを含んだケース部分ごと洗浄してしまうと、かなりの防水機能の時計でもない限り、内部に浸水して壊れてしまうので、丸ごと洗浄は絶対にやってはいけません。
・ステンレスの性質上、すきまを入念に乾拭きしなくてもサビはあまり発生しないと思います。しかしバックル金具にはコーティングをしているものも多く、また可動する部分なので、しっかり拭かないとサビる可能性があります。

 

【レザーのベルト】

・素材がレザーのベルト清掃の要領は、靴やバッグと同じです。汗や体臭が沁みて劣化していき、切れてしまうことがあるのも同じです。
・靴やバッグと同じく目立つ汚れを「革クリーナー」で落としましょう。その後「革クリーム」で油分補給します。
・レザーは乾燥してしまうと硬くなり、ヒビ割れや破損の原因になるので、ステンレス以上に取り扱いに注意が必要です。
【シリコンやラバー素材のベルト】

・最もお手入れが簡単です。「除菌シート」で拭き、段やすきまの汚れを「綿棒」「爪楊枝」でかき出しましょう。
・ただし、爪楊枝は先端で素材を傷つけてしまうことがあるので、ティッシュをかぶせて力を入れずに掃除しましょう。
・それでも、素材の性質上の問題で、付着したにおいが取れないことも多くあります。洗剤や重層などを使用する方法もあるようですが、素材を傷める可能性があるため、あまりおすすめできません。
【ムーヴメント】

・腕時計の中は、個人でのメンテナンスが難しい部分です。知識がない状態で手を出すとムーヴメントが正常に動かなくなり、破損や故障につながります。原則的に、専門店へ預けましょう。
・クォーツ式の時計は「電池交換」が必須。ボタン電池は1年~2年ほどで切れてしまいますが、そのまま放置すると電池が液漏れを起こし、ムーヴメントが破損してしまう可能性が高いです。
動かなくなったら早めに電池交換しましょう。ご自身でできる方もいらっしゃると思いますが、ホームセンターのカウンターなどで預けても比較的安価で交換できます。
・ソーラー充電式の時計は、日々の生活光だけではなく定期的に日光できちんと充電してあげると、動かなくなるぐらい放置してしまうよりも長く使えます。
電池が切れた場合、専用の蓄電池を使用しているため、一般の方では電池交換が難しいかもしれません。またホームセンターなどでは受け付けてもらえない可能性もあります。「時計専門店での電池交換」を依頼しましょう。
・オートマティック(自動巻き)や手巻きの時計は、非常に精巧な内部パーツをひとつひとつキレイにする必要があるので、一般の方ではほぼメンテナンス不可能です。

高値になってしまいますが、定期的に「専門店でのオーバーホール」を依頼しましょう。

 

腕時計も、ファッション感覚になってきている時代。
衣服のように続けて買い替える方も増えていますが、せっかく選んで購入したもの。愛着をもって使い続けてあげませんか?
手をかけないと壊れてしまうのは、モノもヒトも同じですね。