中古品との「出会い」を楽しもう

中古品との「出会い」を楽しもう

 

 

皆さん、中古品を買うことはありますか?
もしあるとしたら、購入する決め手は何でしょう?

「まず価格」という方が、いちばん多いかもしれません。
しかしただ安ければいいわけではなく、その次に重要なのは状態や付属品の内容。安くてもボロボロは遠慮したいという方も多いでしょう。
表示価格と定価を照らし合わせ、状態などを天秤にかけて購入するかどうかを決める……そうした考え方が、中古品購入では一般的ではないでしょうか。
あるいは限定品や希少品など、出荷数の少ない品物であれば、状態にはだいぶ目をつむり、価格も度外視する方も多いかもしれません。それは価格や状態などよりも、その品物が存在していること自体が貴重だからこそ。
中古購入の楽しさは、そうした自分の「価値観の天秤」を傾けることだと思います。
たまたま寄ったお店や、足しげくチェックするお店、そうしたお店に行ったタイミングに「たまたま」遭遇できた中古品。
そこで自分の価値観の天秤を傾けて購入するかどうかを考え、決断する。
でもひょっとしたら、別の店に行けばもっと安く売っているかもしれない。この店でも、次に来た時には値引きされているかもしれない。
それじゃあ、今この店で買うべきか? それとも、見過ごして次の機会をうかがうべきか?
……こうした悩みと決断こそが、中古品購入の醍醐味とも言える部分です。

淡い期待を抱いて別の店に行ってみたら、同じ品物はなかった。その代わり、別に気になる品物があって、そちらが前の店にないかが気になってしまった。
しかし時間が遅かったので、日を改めて最初の店に来店したら……ない。どちらもない。最初に気になったものもなくなっている。
店員さんに聞いたら「売れちゃいましたよ」との返事。次にいつ入るか、と聞いてみても「いやぁ、中古品ですからねぇ。お客様がいつ何を持ってきてくれるか、わかりませんから……」

これが、中古の怖いところです。
中古品は常に「1点モノ」なので、もしもそれを欲しがっている方が来店し、買ってしまえば在庫はなくなる。メーカーや業者からの仕入れ品ではないので、他のお客様が持ってきて売却しない限り、再入荷の予定もない。その可能性はあるかと聞かれても、それは偶然の可能性なので、約束できるものでもない……。
それでは「取り置き」してもらったらどうか? そう考える方も多いでしょう。取り置きしてもらってから他店と見比べて検討し、自分の財布事情とも相談して、改めて購入しよう。もし入荷したら連絡してもらおう……と。
しかし中古業界では、多くのお店が「お取り置き・手付金・予約などはお断り」ではないかと思います。小規模店舗などはご近所様との交流も兼ねておこなっている店もあるかと思いますが、グループ展開しているような大きなお店は、ほぼ「その場での購入のみ」でしょう。

それはなぜか?
前例のように「いつ・誰が買ってくれるかわからないから」です。
特に大規模店は来店される全員を購買層として見ているため、その中のおひとり様だけを優先することはできません。同様の理由で、値段交渉を断るお店も多いと思います。ましてや来客数がとても多いので、予約などを受け入れるとパンクしてしまいます。
すべて1点ものであるため、返品や交換に応じる店もあまりないでしょう。状態を自分で確認して購入する中古品の購入は、現物を見ることができない通販などと違ってクーリングオフの対象にもなりません。
すべての理由は「1点ものだから」です。
「その時、その状態で、その値段で、そこにあるもの」
それを自分の天秤にかけ、「今」購入するかどうかを見極める。それが中古購入の醍醐味です。

もちろん、いちばん望ましいのは「状態が良く、安い」ものでしょうが、それでは天秤のバランスが悪く、希望しているものに出会うこともなく、なかなか購入につながりません。そこから求めているアイテムにより「安ければいい」にハードルを下げる人もいますし、「状態が良ければ高くてもいい」という条件のハードルに切り替える人もいます。
「あの時、買っておけばよかった」という後悔はつきもの。逆に、一時の物欲で購入して「どうして買っちゃったんだろう」と後悔することも多々あります。「もっと状態を確認すればよかった」という例もあれば、「あとから行った別の店の方が安かった!」ということもあるでしょう。
しかし、その方がその店でその品物を買ったこと、それこそは中古品特有の「出会い」なのです。たまたま出会った一期一会と同じことなのです。
そして、出会っておきながら購入できなかったものは、再び出会える確率はかなり低いのです。それこそ一期一会のご縁のように……。
昔から、カメラやレコードのマニアの間で言われている格言があります。
「買わずに後悔するより、買って後悔しろ」
「迷った時は買い時」
これらは、もともとは新品に対する格言ですが、現在は中古品の世界でもコレクターの格言とされています。
コレクションする気がなくても、これはすべての中古品にも言えることではないでしょうか。

「その時に欲しいもの」は、その時がすべて。
買わずにいれば、そんなに欲しくはなかったと思い直すこともあると思います。
迷って購入したあげく、あまり気に入らなかったものでも、使っていくうちに愛着が湧くケースもあるでしょう。せっかくの縁で手もとに来たアイテムですから、使ってあげるのは最良の手段です。
現代は、中古買取店が多くあります。もし購入したものが不要に感じたら、売却してしまうという選択肢もあります。購入と売却、その差額の損失こそありますが、ダメージを軽減させるという考え方もできるでしょう。
知り合いや近親者にプレゼントするのも手です。購入した方が、買うまでに至った良い商品なのですから、近しい人には感性や価値観が合う可能性もあるのではないでしょうか。
お客様の中には「買ってしまった失敗例として、持ち続ける」という方もいらっしゃいました。自分の決定力を磨くために、教訓さながらに飾っておくそうです。
しかし何より、そうした葛藤も「買えなかった」場合では味わえないもの。
そんな「出会い」は、中古品ならではの楽しみ。いっそ飛び込んでしまうのも、いいかもしれんませんよ。

もらったブランド品の価値を知りたいときは

ブランド品は、プレゼントとしても最適です。しかしもらったはいいものの趣味が合わず全く身に着けられないということもよくある話です。中には、買い取りサービスを利用したいと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、そのアイテムの価値がわからなければ、不安で売るにも売れませんよね。

それでは、ブランドものの価値を知るためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

ブランド品の価値とは

ブランド品と一口にいっても、世界中にはたくさんのブランドが存在しますし、思い浮かべるブランドネームは人それぞれでしょう。しかし、そのブランドを思い浮かべたときに、このブランドはこんなイメージだ、というものが出来上がってはいないでしょうか?

「このブランドなら安心」「このブランドはデザインにこだわりがある」「このブランドはセレブ層に人気がある」こういったイメージそのものが、ブランドの価値といえます。

ブランドにはそもそも創設者の名前などに由来するものが多く、だからこそ創設者の生き様やこだわりがつまっています。そのこだわりが次第に評価されるようになり、評価が高まれば高まるほどブランドの価値は上がります。多くのブランドは素材やデザインにもこだわりを追求するため、品物の値段にも直結します。有名な商品ほど高価なのは、そのためです。

しかし、身に着けることによって満足し、誇りを持てるようになるブランドには、それに値する価値があるのです。

 

売るのなら価値の高いうちに

最新のコレクションやアイテムは需要が高いため、ブランド品といえどもなるべく早めに売った方が、値が高くつく可能性が高いでしょう。

一般的に、使用頻度や保管状態によって価格は異なりますが、販売時期から時間がたてばたつほど価格は下がる傾向があります。ファッション業界では次々と新商品が発売され、流行によって価値が顕著に左右されるため、流行遅れのアイテムでは高値は期待できません。世界的に人気の高級ブランドでしたら値がつかないということは稀ですが、買い取り店によっては「買い取り不可」となる場合もあります。

いつか使うかも……とタンスの肥しになる前に、不要と思ったら早めに売るようにしましょう。

 

ブランド品の価値を知りたい場合は?

自分に不要なものだと、誰かに無料で譲ったり、低価格でオークションで販売したりしまいがち。ブランド品の場合は、自分では想像がつかないほどの高値で売れる可能性があります。誰かに譲る前に、価値だけでも確かめてみてはいかがでしょうか。

ブランドの価値を知るための手段としては、質屋などで査定をお願いするといいでしょう。大抵の場合は無料で受けてくれます。複数の店舗で査定をしてもらうことにより、より正確な価値を知ることができます。

プレゼントとしていただいたものでは、使用していなくても売りにくいものです。しかしそうしている間にもどんどん価値は下がっていきますので、趣味が合わない、これから先使わない、と思うのであればなるべく早めに査定に出すといいでしょう。

「3R」を知っていますか?

3R」を知っていますか?

 

中古品を取り扱うお店全般を、どう呼んでいますか?
一般化している「リサイクル・ショップ(リサイクル店)」と呼ぶ方が、ほとんどではないでしょうか。

では、その「リサイクル」とは何でしょうか。
この場合は「もう一度使う」という意味になっていると思います。たしかに、リサイクルという言葉は「再利用」のニュアンスが強く感じられますね。
ですが、ここで注意。
そのように使われる「リサイクル店」という言葉は固有名詞のようなもので、本来の「リサイクル」の意味とは異なっています。

皆さんは、「3R」という言葉を聞いたことがありますか?
「スリーアール」または「さんアール」と読むこれは、「3つの ”R” で始まる、みんなができる環境対策」のことです。
その3つとは「リサイクル」「リユース」「リデュース」。
以下にそれぞれを説明していきましょう。

本来的な「リサイクル (Recycle) 」の意味は、「元々の形を分解し、別物に作り替えて再利用する」ことです。
「リ」は、くりかえすこと。「サイクル」は、物事の流れのこと。
材料から制作し、品物となって物流に乗り、お店で販売され、使用されて破棄あるいは売却され……といった、物事が進んでいく流れを「1サイクル」などと呼ぶことがあると思います。
そのサイクルをくりかえすことが、リサイクル。つまり「1度だけでなく、再びサイクルに乗せる(Re-Cycle)」ことが、リサイクルなのです。
使用後の空き缶などはつぶして溶かし、材料化して再び形成します。陶器などを粉砕して新しいものに作り直すことや、牛乳パックを溶解して再形成することも、リサイクルです。
実はこれ、金やプラチナなどの貴金属も同じことをしています。だから重さの買取になることが多いのですね。

では、リサイクル店がおこなっている、「品物をそのまま、次の人へつないでいく売買や貸与」は何と呼ぶのでしょうか?
答えは「リユース (Reuse) 」。再利用というよりも「再使用」の意味。「再び使う (Re-Use) 」ことがリユースなのです。
ビールのリターナブルびんは、そのまま洗浄してラベルを貼り直し、中身を詰めて再び販路に乗ります。これは粉砕からの成形ではなく、そのまま再使用しているため「リユース」にあたります。
衣料品やバッグなどの買取・販売も同じこと。ここで冒頭に戻ります。「リサイクル店」と呼ぶお店は、実際には「リユース店」と言えるのです。
現に、その言葉を大々的に打ち出して「リユース・ショップ」をうたう買取・販売店も増えています。一般に「リサイクル店」と呼んでいるお店を「再利用できるものを買い取り、販売している」と認識してもらう意味もあるようです。
だからこそ、再販売が難しいと想定されるアイテムや、再販売するには状態が厳しいものは、「再び使う (リユースする) 」ことができないので、買い取ることができなくなってしまうのですね。
昔からおこなわれていたバザーや、近年さかんなフリー・マーケットも、実は「リユース」なのです。

Recycle diagram 3d concept isolated on white

もうひとつ、「リデュース  (Reduce) 」というものもあります。
こちらは前述の2例と違って「再○○」ではなく、1個の単語。その意味は「減らすこと」です。
リサイクルやリユースで再利用・再使用ができても、限度があります。再利用や再使用ができないものは、どうしても廃棄するしかありません。
リサイクルやリユースを考えるより前に、絶対的な物量を減らさなくては、根本的な解決には結びつかない。そのため、モノにあふれた現代、モノを減らす努力が推進されています。生産する量を減らし、買う量を減らし、廃棄につながる可能性そのものを減らしていこうということが、リデュースです。
「メモしたものだけ買って、無駄な買い物をしない」という姿勢だけでも、実はリデュースという形で、立派に環境貢献していることになるのです。

これら「3R」は「みんなができる環境対策」として、環境省からも積極的に推進されています。
この言葉が流布される前には「地球環境を守ろう」という大きな命題がアピールされていたため、遠い問題のように思われてしまっていた環境問題。しかし「3R」の観点は生活に密着しており、誰もが心がけるだけでおこなえる、身近なものになっています。
不要になりそうなものは買わず、再使用できるものは売ったり譲ったりして、再利用できるゴミは分別して捨てる。
それだけで「3R」を守り、環境を守っていくことにつながります。
「3R」ということを気にしなくても、これだけで自分の生活費を減らし、不用品をお金にすることができ、ゴミ整理もできるという面もあります。意外と自然にやっていることではありませんか?
誰かが無理しておこなうわけではなく、全員が可能な範囲で、おこなっていきたいものですね。

環境省のページも、あわせてご覧ください。

「Re-Style ~ 3R (スリーアール) という言葉を聞いたことはありませんか?」

http://www.re-style.env.go.jp/about/

「循環型社会・3R関連」

https://www.env.go.jp/recycle/circul/

バッグの型崩れの直し方と防止策

バッグは外で持ち歩くものなので、比較的傷みやすいアイテムだといえます。その中でも型崩れしてしまい修理に持ち込む方も多く、バッグにとって型崩れは切っても切れない存在だといっても過言ではありません。では、どうしたらバッグを型崩れから守ることができるのでしょうか。型崩れを防止する方法などをご紹介します。

 

バッグの型崩れの原因

まず知っておきたいのが、バッグが型崩れしてしまう原因です。考えられる原因をまとめてみました。

 

・荷物の入れ方が悪い

バッグが膨れてしまうほど、荷物を詰め込んでいる方はいませんか?バッグの容量よりも多くの荷物を入れていると、型崩れの原因になります。また、重いものを入れることで素材が伸びてしまい、型崩れしやすくなります。

 

・保管方法が悪い

クローゼットや押し入れでバッグを保管する際に、重ねてしまったり、長い間ひっかけ棒にひっかけたりしていることが、型崩れの原因になります。特に長い間使わないバッグはそのまま癖がついてしまうので、保管方法を変える必要があるでしょう。

 

・過度なお手入れが原因に

革製品を大切に使っている方ほど、お手入れを頻繁に行っていると思います。しかし、過度なお手入れは型崩れの原因になるので注意が必要です。日ごろから柔らかい布でほこりや汚れをふき取る程度なら問題ないのですが、クリームをたっぷりと使用してお手入れをする方は、適切な量と、適切な頻度に見直すようにしましょう。

 

バッグの型崩れの直し方

バッグが型崩れしてしまった場合、元の形に戻すことは不可能ではありません。以下の方法をぜひ試してみてください。

 

・中身をすべて取り出す

毎日使用している状態では、型崩れを戻すことは困難です。まずは、中身をすべて取り出してしばらく休ませてあげましょう。まだ深刻な型崩れでなければ、一度休ませることで型崩れが改善する場合があります。

 

・ショルダーは吊るしがけが基本

ショルダー部分の革が曲がってしまった場合、しばらく吊るしておくことが大切です。決して曲げたまま放置しないようにしましょう。ただし、中身が入ったままではショルダーに負担がかかりますので、中身はすべて出してから吊るしておきます。ひっかける部分が一つだけでは負担が大きくなるので、複数のフックを使用するなどして負担を分散させましょう。

 

・新聞紙などを入れて形を整える

中身をすべて出し、丸めた新聞紙などを詰めて形を整えましょう。バッグが販売されているときに詰められている詰め物を「あんこ」といいますが、あんこは、新聞紙を丸めて不織布で包むだけで簡単にできます。バッグの大きさに合わせて作ることが重要です。

 

・頑固な歪みにはクリームをたっぷりと

なかなか取れない頑固な歪みには、革専用のクリームをたっぷりと塗りましょう。ほかと重ならないように保管しておけば、歪みは改善されるはずです。

 

 

バッグの型崩れの防止策

一度型崩れを起こしてしまったバッグは、なかなかすぐには戻ってくれません。そうならないためにも、日ごろから型崩れ防止策を実践しておきましょう。

 

・あんこを詰めて保管

普段使用しないバッグは中身を出してクローゼットなどに保管していると思いますが、バッグがぺしゃんこのままではすぐに型崩れを起こします。クローゼットにしまう際には、あんこを詰めて形を整えておくようにしましょう。新聞紙を丸めたものでも構いません。

 

・重ねず立てて収納

立たないバッグを、倒して重ねて収納していませんか? 重ねての収納は型崩れの原因になるので、必ず立てて収納するようにしましょう。自立しないバッグは、ファイルボックスなどを活用して保管するといいでしょう。バッグ専用の収納棚や、底に設置するバッグ専用の薄板などを使えばより効率よく収納できるはずです。

 

大事なバッグを長年愛用するためには、型崩れの予防は無視できません。長年愛用できるように、日ごろから型崩れ予防を行いましょう。

「本物」「ニセモノ」の判断

「本物」「ニセモノ」の判断

我々、ブランド品に関わる人間が、お客様によく聞かれる言葉です。
「それ本物? ニセモノ?」
実は、その品物が「本物かどうか」の最終的な判断は、我々のような中古品にかかわる業界の人間には、できないのです。

簡潔に言えば、それが「本物」であると断言できるのは、そのブランドにかかわる従業員や製作者だけです。
我々がおこなう真贋は、あくまで「基準内か、基準外か」の判定。ポイントとなる部分を多数確認し、ブランドの基準となる構造と合っているのか? それとも異なっているのか? をチェックしています。そうしたポイントの決定的な部分が異なっていたり、怪しい部分が多いと「基準外」という判断をすることになります。
また基準外だった場合も、その品物がブランド品のコピー目的で制作されたかも断言できないので、どれだけ確信的なNG部分が多くあっても「コピー品」という断言はできません。
そうして、多くの買取店は「基準外」という言い方をしていると思われます。

だからこそ、究極の真贋は「そのブランドに修理依頼すること」です。多くのブランドは、修理見積もりだけでもおこなっています。
たとえばルイ・ヴィトンは、バッグの一部に違う金具を使っているだけでも修理を断ります。すべてのパーツを自社製でまかなっているロレックスの腕時計も、もちろん同様です。
それだけ厳しい判定をするのですから、自分の持っているアイテムが本物かニセモノかを決定的に知りたい場合は、ブランドへの持ち込みが決定打になるでしょう。もしも「基準外のため、修理できない」と言われれば、それはそのブランドが公式にくだした、基準外品であるという判断です。
日々、学習を重ねている買取業界の人間も真贋の判断はできますが、そのブランドの人間ではないので「断言」はできないのです。

「本物・ニセモノ」は、貴金属に関してもよく聞かれることです。
お客様が金色のネックレスをお持ちになって「これ、本物?」と聞いてきた場合、ほとんどは「この金属は貴金属なのか」という意味でしょう。
しかし、もともとメッキ製品として販売されていた商品も無数にあります。その場合は「ニセモノ」とは言えないので、正確には「貴金属ではない、本物のメッキアクセサリー」という考え方になると思います。
よく見ると「K18GP」「K18GF」などのメッキ加工を意味する刻印も多く、それに関しては「もともとメッキ製品として流通していたもの」です。もとより「貴金属を全体に使用した製品ではない」との表示がされていることになります。それをニセモノと呼ぶのは、ちょっと酷な気がしますね。

そもそも、ブランド品でもメッキ製品は多くあります。「本物のシャネルのメッキ製品」も数多くあり、携行する小物類や身に着けるイヤリングなど、軽くて丈夫な金属を使ってデザインするものも多いと思います。
ただし、金質が異なる金属に「K18」「Pt900」などの表記を意図的に刻印している場合は、我々でも「本物の貴金属ではない」という判断はできます。銀にプラチナの表記をするなど、明らかな悪意のあるものは、ニセモノと明言してもいいかもしれません。
技術が進んでいる近い将来、おそらく「天然ダイヤと人工ダイヤ」なども「本物かニセモノか」と言われることになるのではないでしょうか。実際、キュービック・ジルコニア製品を「ニセモノ」と呼ぶ方が多くなっているように感じます。

近年、インターネット・オークションやフリーマーケット・アプリなどにより、個人間での取引が増えています。それにあわせてブランドの真贋ポイントについてのインターネット情報も豊富ですが、記述内容が誤っているものや思い込みによるもの、また現在の基準と異なるものなどもあります。参照することは安心につながりますが、あくまでご自身が納得するための要素として留めておくほうがいいでしょう。
気になったら、近くの買取店へ。
決定打が欲しければ、そのブランドへ。

あわせて「日本流通自主管理協会」のFAQページもご覧くださいませ。

よくある質問