メッキ製品の刻印について

「えっ? これは金じゃないの?」

買取店では、そんな声をいただくことがよくあります。
お客様がせっかくお持ちいただいたアクセサリーなどに、ひと目でメッキだとわかってしまう刻印がされていて、がっかりされてしまう……信じきれずに検査をお願いするお客様などもいらっしゃいますが、残念ですが、最初から「これはメッキです」という意味の刻印があるのです。

たとえば「K24GP」や「K18GF」といった表記を見たことがありませんか?
この「GP」「GF」はメッキ刻印の代表格とも言えるもの。特に立派そうな金杯や、かなり前のネックレスなどに刻印されていることが多く見受けられます。
これらの「GP」や「GF」こそが、メッキを意味しているのです。
当時のメッキ製品は技術面や長期保管の関係で、表面にサビが浮いてくることがあります。実はこのサビがたくさん見られる時点で、多くがメッキと判断できます。
なぜなら貴金属(特に金)にはサビが発生しません。サビは鉄や銅などに発生しやすいので、それら金以外のものを混ぜた比率が高いと、サビが発生する要因が増えます。そのため純度の低い金やメッキ製品にはサビが浮きやすく、全体の75%に金を使用している18金も、残り25%の成分によりサビが浮くことがあります。

サビの直接的な原因は、使用による皮脂汚れや汗。それらを放置すると混ざりものの成分が反応し、サビが発生します。そのため使用後は「除菌シート+乾拭き」のお手入れをしたいものです。
メッキ製品はごくごく表面にだけ金を使っているので、99%以上の成分は一般的な金属。よってサビの可能性はいっそう高まります。現在はサビの発生を抑えるため厚塗りメッキを施したり、ロジウムメッキで表面コーティングしているものも増えています。

それでは、主なメッキ刻印の種類と意味を見ていきましょう。
これらの刻印は頭文字などをとっており、多くはメッキに使用した金質表示(K18など)の後ろについています。中には前につくものや少し離れた位置につくものもあるので、要注意です。
また金を意味する「K」はメッキの場合、数字の前後どちらにも配置されることがあります。特に「18K」などと後ろにつく場合は「アトK」と呼ばれ、以下のメッキ表示がなくても、それ自体がメッキ表示を意味していることがあります。
【主なメッキ表記】
「GP」(Gold Plated):金メッキ
「GF」(Gold Filled):金張り
「GS」(Gold Shelled):金張り
「GR」(Gold Rolled):金張り
「RGP」(Rolled Gold Plated):金張り
「GT」(Bright Gold-Plated) または (Gilt Gold-Plated):金箔張り
「GE」「GEP」(Gold Electro Plated):電気式金メッキ
「HGE」(Hard Gold Electroplated):電気式金メッキ
「WGF」(White Gold Filled):ホワイトゴールド張り
「PTP」(Platinum Plated):プラチナメッキ
「PTF」(Platinum Filled):プラチナ張り
「PP」(Platinum Plated):プラチナメッキ
「PR」(Platinum Rolled):プラチナ張り
「RH.P」(Rhodium Plated):ロジウムメッキ張り

 

たとえば「18金メッキ」の場合は「K18GP」「18KGP」「GP18K」などと刻印されます。
金を意味する「G」が省略されている場合もあり、「18R」と刻印されたものもあります。

これらは英文字の略称であり、金質表示の前後に付属するので比較的わかりやすい部類です。
中には、注意して見ないとわかりづらいものもあります。

「1/20」:1/20の厚さで圧着させた金メッキ、または金張りの意味
(メガネフレームや金杯などに多く、たとえば14金使用の場合「K14 1/20」と刻印される)

「M」:M (ミクロン) 単位の厚さでメッキが施されている、という意味
(数字がつく場合もあり、「3M」であれば「3ミクロン単位の厚さのメッキ」という意味)

【注意が必要な他の刻印】
「PW」(Pewter):スズ、鉛、真鍮、銅などの合金
「PWG」: 上記の合金を金(Gold)で艶消ししたもの
「PWS」: 同じく上記の合金を銀(Silver)で艶消ししたもの
「SPM」:「サンプラチナ (Sun Platinum Metal) 」の略で、プラチナではなくニッケルやクロムの合金
「Pb」(Plumbum):鉛(なまり)
「Pd」(Paradium):パラジウム

また、貴金属の品位とともに、メッキや外張りの刻印が施されている場合もあります。
たとえば「K10 18KGP」の場合、10金を18金でメッキしたという意味になるので、本体自体はあくまで10金です。
特にシルバー製品の金色コーティングに金メッキが用いられることが多く、たとえば「925 K18GP」と刻印されている場合、本体は貴金属の中では廉価な銀(シルバー925)であることに要注意です。
皿にはスズなどの合金にメッキ処理を施して「PW Pt900PTP」と刻印されたものは、もちろん本体はプラチナではなく合金。そのように色味が似たメッキを施すことが多くあります。
基本的に、「金質以外の刻印があると、メッキの可能性がある」と考えたほうがいいかもしれません。

なお、メッキは非常に薄く伸ばされて金属の表面を覆っています。
金箔をご覧になったことがある方であれば察しがつくと思いますが、メッキは全体を削ぎ取ったとしても、到底1グラムにも満たない、貴金属として軽量できないほどのわずかな微量しか取れません。もし製錬にかけても、キロ単位のメッキアクセサリーから、数グラムしか抽出できないと聞きます。
そのためどの買取店でも、貴金属として買い取ることはできないのです。
もしも「メッキ買取OK」を掲げている買取店がある場合「ブランドもののメッキ」を意味したり、「金かメッキかわからなくても、まとめて持ってきてください」の意味だと考えたほうがよさそうです。

アクセサリーが多様化し、服飾店でもお手軽なメッキ製品も好まれている時代。
お手入れすれば長く使えますし、廉価なので使い捨て感覚の方も多くなっています。
以前は貴金属アクセサリーを愛用していたものの、メッキ製品を好んで着用されるようになったお客様は「何より、なくしてしまったときの心理的ダメージが少なくて済む」とおっしゃっていました。
メッキ技術が進歩している現代、アクセサリーとしてならメッキ製品で充分かもしれませんね。

遺品整理の具体的な方法と注意点とは

両親や兄弟、身内が亡くなったとき、遺族がやるべきことの一つに、遺品整理があります。遺品整理の方法は大きく分けると、2通り。遺品整理業者に頼む方法と、自分達で行う方法があります。こちらでは、自分達で行う場合の遺品整理の方法と、注意点などをご紹介します。

遺品整理の方法

遺品整理とは、亡くなった人が使用していたものを「遺品」として、亡くなった人の身内や身近な人が丁寧に整理することをいいます。遺品整理を自分達でする場合には、このような方法で行うのが一般的です。

 

・形見分け

遺品の中には、家族や親戚にとって、とても思い出深いものもあるでしょう。

そういった遺品を、親族や近親者や故人と親しかった人達に贈ることを、「形見分け」といいます。亡くなってから一カ月が過ぎた辺り、もしくは四十九日を過ぎた辺りに贈るよう準備を進めていきます。

かつては、形見分けとして着物を贈ることが一般的でしたが、そのほかの衣類や、家具、時計などの小物など、現代ではあらゆるものが形見分けとして贈られています。ただし、高価なものについては、相続財産とみなされ贈与税がかかる場合があるので注意が必要です。

 

・質屋に引き取ってもらう

まだ使える綺麗な家具や家電は、質屋やリサイクルショップに引き取ってもらいましょう。ご自分では価値のよくわからないものでも、実は価値のある骨董品であることもよくある話。ご自分で判断せず鑑定可能な質屋に査定を任せると、思いもよらないものを高値で買い取ってもらえる場合があります。

 

・残ったものを処分する

形見分けや質屋での買い取りを行った後、値もつかず引き取り手のないものもあります。そういったものは、地域で指定されている方法で処分しましょう。ひとつひとつゴミに出すのではなく、まとめて業者に依頼することも可能なので、数が多い場合は一度見積もりを出してもらってみましょう。

冷蔵庫やエアコンなどの家電リサイクル法で定められているものは、粗大ゴミに出すのではなく家電量販店に引き取ってもらってください。

 

遺品整理の注意点

遺品整理を行う前に、必ず確認しておきたいことがあります。以下のことを確認し、遺品整理を行いましょう。

・遺言書を確認する

遺品整理を行う前に、まず遺言書の有無を確認しましょう。遺言書は、故人が亡くなったときに、唯一故人の遺志を引き継げるものです。きちんとした書式で書かれていれば、法律的な意味でも最も優先されるべきもの。遺言書に遺品の扱いについて記載されている場合は、その内容を最優先しましょう。

 

・形見分けの注意点

形見分けをする場合、通常贈る相手は故人と特に親しかった人だけにします。それほど親しくなかった人や、目上の人に贈ると失礼に当たる場合もあるからです。例外として、目上の人から形見分けの申し出がある場合もありますので、そのときは快くお贈りしましょう。

 

・心の整理がついてから行う

四十九日の法要辺りでは、まだ心の整理がつかない場合もあるかもしれません。そのような場合は無理に遺品整理をしようとせず、きちんと心の整理がついてから行うようにしましょう。

心の整理がついていない状態では、何を遺して何を処分していいか冷静な判断ができないものです。処分してから後悔しても二度と取り戻せないものですから、後悔することのないようにご自身の心の整理を大切にしてください。

遺品整理で後悔を残さないよう、冷静に、丁寧な作業をおすすめします。特に、質屋に依頼する際には、業者選びも大切です。貴金属などの価値をきちんと鑑定できる業者を選びましょう。

バーゲン出展情報 

テレビなどでおなじみの「全国 質流れ品大バザール」が今年も阪神百貨店梅田本店8階催場にて開催されます。当店も東京浅草の藤野質店様のブースに参加させて頂きます。

全国の質店から集められたブランドバックや時計、宝石、呉服など約12万点のブランド品がずらりと並びます。是非ご来場ください。

■ 主催
阪神百貨店・東京質屋情報センター主催

■ 開催日時
2018年9月5日(水) ~ 11日(火)
<最終日は午後4時まで>

■ 会場
阪神百貨店梅田本店 8階催場

■ イベント情報

■ アクセス情報

革財布を買い替える時期と選ぶ際のポイント

革製品は、使えば使うほど味が出る一生物。しかし、一生物とはいうけれど、財布の場合はローテーションして使える衣類やバッグとは異なり、毎日持ち歩きます。そのため、どうしてもほかの製品よりも寿命が短くなってしまうのです。

こちらでは、革財布の買い替え時期と、より長く愛用するための選び方をご紹介します。

 

革財布の寿命と買い替え時期

皮革の財布の寿命は、約3年といわれています。しかし、全ての財布に3年で寿命が訪れるわけではありません。使い方次第で1年で寿命が来る場合もありますし、丁寧にお手入れすることで10年以上使用することも十分に可能です。

財布にこのような変化が訪れたら、買い替え時だと思っていいでしょう。

 

  • 金具が壊れ、修理ができないとき
  • 変色したとき
  • 色落ちにムラがあり、綺麗な色落ちではない
  • 型ずれが激しいとき
  • 傷がたくさん付いている

 

財布の形がくずれていたり、色落ちが汚かったりしても使い続けていては、だらしない人だと思われてしまいがち。少しでも寿命かな、と感じたら買い替え検討時期だと思いましょう。革財布の場合、年数で寿命だと決めるのではなく、見た目で判断することが大切なのです。

 

寿命が短い財布の特徴

長年愛用するためにも、選び方は重要です。まずは、寿命が短い財布の特徴を知っておきましょう。財布を選ぶときに、以下のような特徴が見られた場合は、購入は見送った方が賢明です。

 

  • 縫製が甘い
  • なめしの工程が短い
  • 相場よりも安く、大量生産の安価な皮革が使用されている
  • 修理保証が付いていない

 

また、購入後にお手入れを怠ると、寿命が短くなります。毎日、柔らかい布でさっと拭いてあげ、定期的にブラシやオイルを使用したメンテナンスを行ってあげましょう。

 

革財布を選ぶ際のポイント

革財布をより長く使用するためにも、寿命の長い財布を選びましょう。

寿命が長い革財布の特徴は、以下の通りです。

 

  • 縫製が丁寧
  • なめし製法や工程にこだわりがある
  • 皮革にこだわりがある
  • 修理保証が付いている
  • 少し背伸びする程度の価格

 

革財布を購入するのなら、最後の項目、「少し背伸びする程度の価格」のものを選ぶといいでしょう。社会人の場合3~5万円程度の予算で財布を購入する方が多いようです。少し背伸びをする気持ちで購入すれば、その分大切にし、周囲からの見方も変わります。また、何より大切なのは、愛着の持てる財布を購入することです。色、形、機能性、全てをじっくりと確認し、色落ちや光沢の変化を楽しめる財布を選ぶといいでしょう。

購入後は、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。また、使い方も重要。バッグに入れて持ち歩くと傷が付きやすいので入れる場所に注意し、財布の中身が多すぎるのも劣化に繋がるので必要最低限のものは入れないようにしましょう。適切に使用し、より長く愛用しましょう。

革財布は、選び方、使い方次第で寿命が変わるものです。自分の使い方次第で長く使える革だからこそ、こだわった選び方をしましょう。

家電品は、お金を出して処分する時代です

家電品は、お金を出して処分する時代です

 

皆さん、家にある家電品はどのぐらいありますか?
一般的な家庭では、テレビ、エアコン、洗濯機、炊飯器などから小物まで、さまざまなものがあると思います。中には長年愛用されている方も多いでしょう。
新製品が発売されるサイクルが早い家電業界は、近年どちらかというと「長く使ってもらうより、数年から10年ほどで買い替えてもらう商品」を多く出しているように見受けられます。

もちろん商品などによりますが、ほぼ同じ仕様の製品が低価格で販売されたり、一部のマイナーチェンジを施して新発売されるくりかえしが多く見られます。
そのように新製品が続々と発売されているので、工場の修理部品も「5年程度を目安にして」生産を止めてしまう傾向にあるようです。よって、長く使えば使うほど修理パーツが希少になり、修理をするより買い替えた方がずっと安価になることが多くなっています。

そのためある程度使用したら、家電量販店に持ち込んで買い替えたり、リサイクル(リユース)のお店に売却するなどしている方が増えているのではないでしょうか。
家電品にはそのように「買い替え前提」のものが増えており、残念ながら、昔のように「大切に長く使う」時代ではなくなってきています。

修理パーツが5年程度で生産を終えるのですから、もちろんリサイクル店も年式を気にしています。製造から5年程度以内、長くて7年以内ほどでないと、使用・未使用も無関係で買い取らなくなっている店が多いと思います。
そのため、自分で処分しなくてはならなくなるのですが、その場合は2001年から実施されている「家電リサイクル法」によって、処分料が必須な時代になっています。

家電リサイクル法とは、「一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。」(以下の経済産業省ページより引用)
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/

こちらには「なぜ正しく処分しなくてはいけないのか」「正しい処分のしかた」なども、わかりやすく記述されています。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/index.html

 

処分料には運搬料も加算され、自治体や品目などによって異なるため、一概に「テレビは〇〇円」などと言い切れません。
お住まいの市役所・区役所の「環境業務課」にお問い合わせいただければ、正確な料金や処分方法がわかります。
持ち込みでの有料回収をおこなっている家電量販店も多くありますので、そちらで問い合わせてみるのも方法のひとつです。

ここで気をつけたいのが、正しい処分をしない方法。
「処分するのにお金を出すなんて……」という心理に目をつけた、詐欺まがいの回収業者が多く実在します。

街なかを「洗濯機・冷蔵庫・パソコン・テレビ……無料回収いたします」などのアナウンスを流しながら回っているトラックを見たことはありませんか?
実は、こちらを利用するのは非常にリスクが高いのです。経済産業省のページにも表記されていますが、「無料をうたいながら、あとになって高額請求をする回収業者」が多く存在することに注意しなくてはいけません。
すべての回収トラックがそうではないと思いますが、かなり多くのトラブルが多発しています。 よく聞くのは「回収は無料」と話すケース。この場合の多くは、説明せずに積み込んでから「積み上げ・積み下ろし料は別」と言い出します。つまり、説明せずにトラックに積んだのも有料。それが嫌で下ろしてもらうのも有料。その説明を、あとになって話すのです。 この場合、多くの方は「お金を出して下ろすのも馬鹿馬鹿しいし、仕方がないから回収料だと思うか……」と、積み上げ料を払ってしまいます。
あるいは、「そのまま中古品にできるものは無料だが、処分しなくてはいけないものは有料」と言い出すケース。これもトラックに積み上げてから説明することが多いようです。 中古品になりそうなものはリサイクル店などに売却できるので、無料にするようです。反面、お金にならないものを有料にしていくので、それを帳消しにできるほどのいい品物を積み上げた場合は、トータルで考えてすべて無料にする業者もいます。
より悪質な場合、庭に無断で立ち入って自動車のバッテリーやパーツなどを勝手に持っていく業者もいます。立派な不法侵入であり窃盗ですが、実際に被害に遭いかけ、中止させたお客様によると「置いてあるから回収してあげようと思った」などと話したそうです。
そのお客様はすぐに警察に通報したものの、その隙にトラックで逃げられてしまったとのこと。同じようなことを続けているかと思うと、非常に残念です。
こうして回収した品物も、正式に処分せず不法投棄し、荷台をカラッポにして戻る業者も少なくないと聞きます。
彼の手元に残るのは、そう、お客さんから巻き上げた現金だけ……。

それでも利用する場合、お住まいの自治体の消費生活センターや警察へ相談することを念頭に置くべきかもしれません。
詳しくは「独立行政法人 国民生活センター」のページをご覧ください。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/sn-20071220.html

正しい値段には、正しい理由がある。
メーカーや家電量販店は「有料で処分する時代」の正しい価格を打ち出しています。処分にあたる役所や各センターなどは、正しい値段で回収しています。
家電品の処分にはお金がかかる。それを払って正しく処分することは、所有者の義務。
まずはそれを理解し、念頭に置いてから家電品を買わなくてはなりません。
そういった部分に入り込む「正しくない値段」には、理由も根拠もありません。きちんとした説明もありませんし、支払う義務もありません。
巻き込まれないためには、まず情報を得て「知ること」。そうした情報をもとに「利用しないこと」。さらに被害者が拡散しないよう「伝えること」。
トラブルの多くは、その3点で回避できます。
家電品処分もそうですが、何についても「うまくいく話はないか?」と思った時――それに関する、よくない業者がいる可能性があることを、決して忘れないようにしたいものです。