店舗「セレクトショップスピガ」 新入荷情報 6/24

こんにちは。稲毛質店です。

本日店舗にシルバーアクセサリーを追加しました。

1,500円均一、3,000円均一のリングやネックレスが中心となっております。

 

また、お店奥のラックですが、ストールとお洋服を1,000円均一で販売して

おりますので是非ご覧ください。

皆様のご来店心よりお待ち申し上げております!

エルメスバッグの主な種類

フランス生まれの有名なブランドの一つ、エルメス。エルメスには衣料品や時計など様々なアイテムがありますが、バッグは特に人気の高いアイテムです。エルメスバッグには、「バーキン」「ケリー」「ボリード」など高い人気を誇るシリーズがあります。今回は、それぞれの魅力をご紹介します。

 

バーキンの種類と特徴

エルメスの代表作といえば、「バーキン」です。

バーキンという名前は、イギリスの女優「ジェーン・バーキン」から命名されたもの。これは、当時のエルメスの社長が、飛行機で彼女と隣り合わせになり、物で溢れていた彼女のバッグを見てたくさん物が入るバッグを作ろうとしたことがきっかけでした。

バーキンのバッグは、スリムに見えてたっぷり入れられることが特徴です。バッグの中に作られたポケットも機能性に優れており、どんな方にとっても使いやすいバッグとなっています。サイズは25~45まで幅広く用意されていて、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

一番小さな25は、横幅25cm、高さ20cmという大きさですので、普段使いとしても便利ですし、パーティーでも活躍するはずでしょう。最も人気があるのは、バーキン35。横幅35cm、高さ25cmで、スリムながら収納力抜群で、あらゆるシーンで活躍してくれます。

 

ケリーの種類と特徴

バーキンと並ぶ程の人気を誇るのが、エルメスの「ケリー」。

※画像はケリードール

元々は「サック・ア・クロア」という名が付けられていましたが、モナコ王妃であるケリー皇女がこのバッグを愛用し、妊娠中のお腹をパパラッチに撮られないようこのバッグで隠していたことが話題となり、「ケリー」と改名されました。鍵のついた台形の美しいフォルムは昔から変わらず、現在ではハンドバッグの基本形として知られています。

同じケリーの中にも、生地を中に織り込む「内縫い」と、縫い目を外側に見せる「外縫い」が存在します。それぞれふんわりとしたフォルムとすっきりとしたフォルムとなっており、同じケリーでも二つの顔を持っているといえるでしょう。

 

ボリードの種類と特徴

エルメスバッグ中でも、古くから愛されているのが、「ボリード」です。

ボリードは、世界で初めてファスナーを取り入れたバッグとして1923年に誕生しました。当時はヨーロッパにファスナーは存在せず、アメリカで発明されたばかりでした。当時の社長がその機能性に注目し、すぐにバッグに取り入れることを考案して作られたのです。ファスナーを取り入れたバッグとしてすぐにボリードは注目され、現代に至るまで好評を得ています。

高級車にちなんで「ブガッティ」と名付けられましたが、後にレーシングカーを意味する「ボリード」に改名されました。ボリードの魅力は、シンプルなファスナー使いと、ゆったりとしたスマートなフォルムです。機能性に優れデザインもシンプルなため、大きさによって使い方に幅が出るのが、ボリードの大きな特徴でもあります。一番小さなボリード15は普段使いとしても、小物入れとしても使用でき、一番大きなボリード47は旅行バッグとしても活躍してくれるでしょう。

エルメスのバッグは、一生物として使えるような普遍的で魅力的物がたくさんあります。上記の人気シリーズのほかにもたくさんの種類がありますので、自分のスタイルにあった物を選びましょう。

エルメスのレザーアイテムは、素材がデリケートなものもあります。また、日本は湿気が多いのでカビなども発生しやすいです。お手入れをしっかりして保管は注意が必要です。不要になったら高価買取店を探してできるだけ早く売却することをオススメ致します。

2018年6月の買取強化品

2018年6月の買取強化品のご紹介です。

先月ルイ・ヴィトンの新品買取相場を大幅に増やしまして今月に入ってからこれまで以上に新品のルイ・ヴィトン製品をお売り頂く機会が増えております。新モデルの「アップサイドダウンLV」のシリーズを高価買取しております。

また、ロレックス スポーツモデルは継続的に高価買取中となりまして、新品をお売り頂くお客様も徐々に増えてきております。

その他カテゴリーでは、家電製品では引き続きアップル製品(Macbook、iPad、iPod)、電動工具ではマキタ、日立工機のインパクトドライバを高価買取しております。

 

ブランド品:
ルイヴィトンのバッグ、小物

ポシェット・アポロ M62905
国内参考定価 92,000円
新品買取価格 79,200円(買取率86%)

ディストリクトPM NM N41031
国内参考定価 133,000円
新品買取価格 113,000円(買取率85%)

オーガナイザー・ドゥ ポッシュ M62889
国内参考定価 43,000円
新品買取価格 37,000円(買取率86%)

ジッピー・ウォレット ヴェルティカル M62295
国内参考定価 84,000円
新品買取価格 72,300円(買取率86%)

 

その他、ルイ・ヴィトンの新品買取相場

 

 

電動工具:
マキタのインパクトドライバー、ハンマドリル

TD171DRGX
国内参考定価 68,100円
新品買取価格 34,000円(買取率50%)

TS141DRGX
国内参考定価 78,300円
新品買取価格 34,800円(買取率44%)

HR244DRGX
国内参考定価 88,700円
新品買取価格 39,800円(買取率44%)

 

家電製品:


マキタ 掃除機 CL107FDSHW


PLAYSTATION VR PLAYSTATION CAMERA同梱版 CUHJ-16003


アップル iPad 全般
アップル iPod 全般
アップル MacBook 全般

「アウトレット」とブランドの価値

皆さん、「アウトレットモール」をご利用になりますか?

さまざまなブランドが一堂に会し、

 

・「在庫過剰品」

・「1シーズン前の型落ち品」

・「B品(多少の難あり品)や展示品」

・「販売終了した廃番品」

・「開発用サンプル品」

・「アウトレット用の廉価モデル」

 

などが販売されるモールで、一般メーカーに始まり、ハイブランドまで出店しています。

郊外型モール施設として、都心から少し離れた広い土地が確保できる場所にオープンしていることが多いので、小旅行も兼ねて楽しんでいる方も多いと思われます。

 

そのアウトレットに出店しているブランドが、実は中古流通で大幅に価値が落ちていっています。

代表的ブランドは「コーチ(COACH)」。ほとんどのアウトレットでも目にすることができ、以前にも増して若い女性の支持を一気に集めました。その結果として、逆にコーチ全体の中古流通価値が下落しています。

それはなぜでしょう?

 

「少しお金を足して新品が買えるなら、誰かが所有していた中古品や未使用品より、新品を買ったほうがいい」

……という層が急速に増え、中古相場が下落。型番の先頭に「F」がつくアウトレット用モデルを持っている方が爆発的に増えました。結果、コーチの中古相場全体が冷えきってしまったのです。

 

以前のコーチは、ルイ・ヴィトンにも引けを取らないハイブランドでした。

かつての良品レザー商品を生産の主軸とする路線から、ポピーやオプアートといった可愛いキャンヴァス生地の路線に転じたことで、若い女性や主婦層の支持が一気に高まりました。

そこからアウトレットに進出し、「アウトレット用モデル」を大々的に投入。

作りは大きく変わらないものの、価格が半値相当に安いモデルを展開し、コーチを持った若い女性が一気に増えました。そうしてかつてのハイブランドは、身近なブランドへ転じていったのです。

 

実は、グッチ(GUCCI)もアウトレット展開を始めていますが、コーチほど多数出店ではないため、一部のモデルは極端な値下がりには至っていません。ただしほかのハイブランドより、モデルによっては中古相場が厳しいブランドになっていることも確かです。

 

これらの動きの結果は、もちろん買取額に反映されます。

「買ったときは高かったのに……」という声はよく聞きますが、どうしても中古流通額にもとづく販売額から、買取額を計算しなくてはいけない中古業界。

定価はもはや「メーカーが定めた新品リリース時の値段」になりつつあります。

それに対し、決して安売りをしようとしないのがルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)です。

かつて何度も廉価モデルやB品の流通依頼を受けたことがあるようですが、「少しでも不具合のある品物は完全廃棄」を貫くヴィトン。ことごとく安売りの要請を跳ね除け、現在でも「ブランドといえばヴィトン」という地位を守っています。

シャネルやエルメスなども職人による製造が続けられており、その地位は高いままです。

そうした手間や価値を惜しみなく注いできた職人の技や誇りではなく、「工場で大量生産」するようになったことが、コーチやグッチの価値観を落とした側面のひとつでもあるかもしれません。

 

ただ、バッグは日常使用するもの。

ブランド以前に「デザインが好き」「機能性がいい」といった視点で購入する方も多いと思います。かわいいデザインが多いコーチやグッチのアウトレット展開を「待ってました!」と喜んだ方も多いでしょう。

「気に入ったものを購入したら、使い続けること」

それこそが、中古品に携わる我々がお願いしたい、お品物に敬意を払いたい部分です。

 

もちろん、もうご不用になったら現在の中古流通額で買取します。ですが、そのバッグにまつわるお客様の努力や想い出を、我々は買取額に反映することはできません。

だからこそ、苦労して買ったバッグは最後まで使い続けるのも、商品に対する立派な愛情ではないでしょうか。

決して金額に変えられない、その人だけの価値観として。